SNS・ネット上の誹謗中傷から自殺

元記事:SNS・ネット上の誹謗中傷から自殺

女子プロレスラーの木村 花さんが亡くなりました。
原因は定かはないですが….
SNS上での誹謗中傷が関係しているのでは?とのこと。

残念です。
先ず、自殺は如何なる原因があってもダメです。
親から貰った大切な命。
これは自分から絶つのではなく、命尽きるまで生きようとする。
それが生まれてきた者の責任だと考えます。
ただ、残念ながら、その選択をしてしまった原因も考えないといけません。

ネット上だから、有名人だから、と何を言っても良いのか?
違いますよね。
これらの誹謗中傷が原因として幾分かでも関係しているなら….
所属事務所には毅然とした対応をお願いしたいです。

私は昔からプロレスが好きで、会場にもよく見に行きます。
「応援」の意味もあり、少し高めなRS席ばかりを購入するようにしています。
勿論、スターダムも知ってましたし、木村選手も知ってました。
なのですごく残念に思います。
ジュリア選手、岩谷選手らと業界を牽引する人ですよ。
本当に残念で悔しいです。

● 誹謗中傷の経験談
私も過去に何度かネット上で誹謗中傷された経験があります。
こんな小さな業界の、私を狙って何が楽しかったのか….
ただ、こんな”幼稚な人”は嫌いなので一定ラインを越えたら徹底的な対応をしています。
開示請求すると直ぐに「自宅・名前」は分かりますからね。
自宅がわかれば、勤務先も直ぐに特定できます。
なので、謝罪と損害賠償の話になるのですが、大抵のケースでは「黙る」のです。
反論もせず、謝罪もせず、黙る。
最終的には「すいません」となるので、謝るなら最初からするなよ!って話。
強がるのはネットの世界だけってタイプが多かったですね。

ブログなりSNSをすると、少なからず「反対」の人って出てきます。
これらは無視・放置が最善ですよね。
しかし、そのレベルが度を過ぎれば適切に対処するべきです。
ネット上で反論せず、自宅・勤務先を特定して訴訟・差し押さえすれば良いと思います。

ネット上で悪口を言う人って、匿名・捨てメールなど。
自分が隠れているからネチネチ粘着しますよね。
電話も「非通知」で掛けたり、匿名で郵便を送ったりと….根暗なタイプなんです。
こんなタイプには正論を言っても聞く耳がありません。
自分や家族・恋人が荒らされているのなら、直ぐに開示請求をしてください。
匿名だから強がってるので、、自宅・勤務先を特定して「表」で話する。
そうすれば根暗な人って怖がって辞めるケースが大半です。

続きを読む>>SNS・ネット上の誹謗中傷から自殺(別れさせ屋の社長ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です