50万から5000万への道

元記事:50万から5000万への道

また、作り話だと、あのカウンセラーさん

には、言われちゃうかなぁ〜

知らない事は、恥じゃないから(笑)

前記事はここ↓をクリック

 

『判例で決まっている相場は150万』、

それ以上の請求は、無理と言う弁護士。

 

元々、判例って 裁判所が示した法律的判断。

ならば、裁判までの交渉をするのが、弁護士

かと思っていたのは、勘違いだったのか?

 

『無理なものは無理でしょ』と紹介で

向かった弁護士のコメントに意気消沈の

サレ妻。

 

既に調査も終了していたので、まずは

その調査資料を見せてもらった。

 

すると、少しお粗末な内容

(都内の大手調査会社)の調査報告書。

 

訴訟したケースでの不足分を指摘する。

 

追加調査は、前回の調査会社では割高になる

として、中堅どころの調査会社へ依頼し、

その内容を確認した。

 

サレ妻、その頃、8カ所目の弁護士事務所へ

相談に。

 

『もう、無理かもしれないですね。

 そんな弁護士なんていないんですよ』

 

諦めるならそれでいいかと思いますよ。

いるかいないかと言えば、そうやって請求し

希望額を勝ち取った弁護士を探し当てた

依頼者は、数多くいますから。

 

サレ妻が9ヶ所目の弁護士事務所に向かう頃

調査報告書で見落としているモノ。

 

交渉できる材料をどう揃えるか。

 

不貞の証拠は既に揃っている。

 

弁護士が相手側に対し、交渉できる素材を

いくつかピックアップする。

 

不貞夫への情報は、ほぼ揃っている中で

サレ妻から、

『500万なら請求してみようという弁護士が

 見つかりました。

 その先生でどうでしょうか?』

とLINEが、

 

目標額を落とすんですな、わかりました。

ご主人への資料は、問題ないかと。

 

その弁護士は、不貞夫の隠し口座を追求する

が、義母からの生前贈与だと言う主張に

反論すべき資料を見落とし?していたのか、

減額交渉に応じる姿勢を見せ始めた。

 

『全然、話が違いますよ』

再び、落ち込むサレ妻。

 

 

 

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

不貞夫に好き勝手をさせない、ジグス流。

夫婦問題を研究し続ける、夫婦問題LaBo。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦修復の相談、

話を聞くだけのカウンセラーに何ができる?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

もつれた夫婦関係は千差万別。

個別相談はここを↓クリック

相談料は、無料(口は悪いけど)

LINE@2−2   

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 こちらもポチっと 下矢印

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 左矢印  左矢印

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

“お待たせしました”

LINE(旦那)  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

男女問題研究家を特別顧問とする

社団法人日本心理学アカデミーの資格も

保有、加えて ダウン ダウン

 

続きを読む>>50万から5000万への道(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です