元記事:
2020年も終わりに近づいてきました。

思っていたのとは
だいぶ違う2020年だった方が大半なのでは…?
私もそうです。
コロナの流れもそうだし
病気のことも
好きな人との関係も。
私は明日まで仕事がありますが
彼はもう地元に帰省したので
しばらく会えません。
前の記事に書いた通り
最後の日は穏やかに挨拶を交わせたので
良い締めくくりでした。
悩んでいたLINE
昨日思い切って送りました。
帰省中にLINEをするお詫びと
時間があれば手帳をお願いしてもいいかと
簡単に。
『勝手に期待したり、希望を持たない』
『彼に執着しない』
頭の片隅において。
するとすぐにOKの返事が。
よかった。
その時私は
施設にいる
夫の親戚にお届けものをしなければならず
県外の某市内にいたのだけど
帰省中の彼も
そこにいる(新幹線が某駅に停車中)って返事が。
思わずホームに停車中の新幹線に手を振りましたよね笑
こういう偶然がちょっとうれしい。
気をつけて帰ってね
ゆっくりお休みしてくださいねと
いつも通りの挨拶LINEを送りあって
終了…と思っていたのだけど
しばらくたって
ふとスマホを見ると
彼からLINEがきてる😳
開くと
車内から撮影したのであろう
雪景色が何枚か。
雪がすごいよーって。
執着しないといいながら
やっぱり嬉しくて
しばらく胸がいっぱいになってしまった。
帰省すれば
当たり前だけど
奥様がお迎えにきて
ゆっくり過ごせるだろうし
久しぶりの再会だから
色々するんだろう(言い方w)とか
そういう…嫉妬なのかな?
そんな気持ちも渦巻いていたの。
好きだから。
好きだからさ。
でもちゃんとわかってるんだよ。
それは当たり前で
私が入り込む場所なんて無いこともね。
そんな安息の地(笑)に向かってる間に
私を思い出してくれて
雪景色を見せようって思ってくれたことが
嬉しかった。
そして
私も雪国出身だから
そういう景色が懐かしくてね。
ちょっとおばあちゃん家に来たみたいな感覚。
子供の頃
冬を過ごした場所を思い出して
心があたたかくなった。
年末年始に控えてる
入院も治療も頑張れそうって思えてます。
でも無理はしない。
しんどい時はしんどいってきちんと表そう。
紅茶にフルーツ入れた人
天才か。
まずは年末の治療を乗り切るのが目標。
皆様、良いお正月を。
年内にまたここに来るかもしれないけど
ひとまずご挨拶しておきます。

続きを読む>>(あしたのわたし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です