通い夫の逃亡生活 | 慰謝料、一億円支払う用意があります

元記事:通い夫の逃亡生活 | 慰謝料、一億円支払う用意があります

総額 約1億円の解決金。

『そんな書面を残してしまっても、後で

 できないと言い出すだけでしょ』

前記事はここ↓をクリック

 

不貞夫の差し出した離婚届と共に

押し返したサレ妻。

 

何も言わずに引き下がった不貞夫は、数日後

弁護士に委託、サレ妻宛に受任通知が届くが

サレ妻は受け取りを拒否してしまう。

 

すると、サレ妻のスマホに弁護士事務所から

数回にわたり連絡が入る。

 

留守電には、

『不貞夫との離婚について、今後は弁護士で

 ある自分が窓口になる』との連絡であった。

 

連絡をしろと言わんばかりの対応にサレ妻は、

応える事はなかった。

 

そして、家庭裁判所からの通知が・・

というのが、一般的であるのだが、

この弁護士はいささか、方法が違っていた。

 

ある日、マンションに到着したサレ妻を待ち

受けていたのは、一見、サラリーマン風な

男性、その弁護士だった。

 

TVドラマでもあるまいし、まさか相手方の

弁護士が直接接触をしてくるとは・・・

 

『ご主人は離婚を望んでいます。

 早期に解決したいと思うんですが、いかが

 でしょうか?』

 

いきなり、要件を告げる弁護士。

 

『ママ、やっぱり離婚するんだ』

 

サレ妻と一緒にいたのは、

今年中学受験を控えた息子だった。

 

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

不貞夫に好き勝手をさせない、ジグス流。

夫婦問題を研究し続ける、夫婦問題LaBo。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦修復の相談、

話を聞くだけのカウンセラーに何ができる?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

もつれた夫婦関係は千差万別。

個別相談はここを↓クリック

相談料は、無料(口は悪いけど)

@バーナー  

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 こちらもポチっと 下矢印

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 左矢印  左矢印

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

“お待たせしました”

LINE(旦那)  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

男女問題研究家を特別顧問とする

社団法人日本心理学アカデミーの資格も

保有、加えて ダウン ダウン

続きを読む>>通い夫の逃亡生活 | 慰謝料、一億円支払う用意があります(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です