自粛期間中に気づいたこと、感じたことは何ですか?

元記事:自粛期間中に気づいたこと、感じたことは何ですか?

カウンセラー菊井です。

 

自粛期間もすぎ、学校もはじまりましたね。私のオフィスは高校のすぐそばなので、吹奏楽の部活の音がいつも聞こえていました。昨日、数ヶ月ぶりに部活の音色が聞こえてきて・・・あ〜再開したんだな〜と感じることができました。

 

子どもたちの制服姿や、駅まで友達と連れ添って歩く姿をみると街が活気付いてくるものだな〜とも感じます。

 

 

この自粛期間にあなたは何を感じましたか?

 

 

リモートワークや出勤調整に子どもたちの休校措置で家の中の人口密度が高まり、窮屈な思いを家族それぞれにしていたり、特に夫婦間にとっての適正距離って・・・と感じられることもあったのではないでしょうか。

 

近すぎても遠すぎてもいけない距離、この自粛期間は物理的にも近くなって、近いことはいいんだけど 近すぎることはまた逆に良くないってこともありますね。

 

「親しき中にも・・・」という言葉はそういうことを指しているのかもしれません。

 

 

お互いの嫌な面が強調されて見えたりすることもあったでしょう。そして、それをクールダウンする時間と場所さえもままならない、気持ちの切り替えができないままの日常。

 

本当に、ここまで嫌だとは思わなかったと再確認する人もあったでしょう。

 

また、逆に 嫌な人だと思ってたけど 案外 これでいいのかもと思う人もあったかもしれません。普段は、何事も無関心のような振る舞いにイライラしてたけど、マイペースで自分のことをする人だから、細かいことはあまり口出しされなかった、とか。

 

家の中で、一緒に過ごすことで自然と話さざるを得なくなり、事務的、義務的な会話から ちょこっとだけ くだらない世間話をするようになった、とか。

 

 

うちの夫婦もまんざらでもないか・・と感じたり

 

 

それでも、しんどい苦しい、一緒にいることの息苦しさのピークがこの自粛期間そのものであり、 その上家事(特に食事作り)は普段以上の負担が増えて、なんで私だけこんなにしんどい思いをしているの?!おまけに収入だって減ってるし〜とイライラMAXになった方もいるでしょうね・・・

 

 

自粛期間を通して、感じることにこの人との距離感や、自分自身の生活スタイル、割と家の中で色々落ち着いてやること好きだったんだな、とか、意外と掃除好きだった、とか料理好きだった、おかし作りに目覚めた、とか家の生活の良さを感じたり、逆にやっぱり私は外でいろんな活動ができる方が好きだな〜とか、お買い物に出かけることの楽しさが恋しかったな〜とか自分らしさに通じるものを再確認できたかもしれませんね。

 

 

人のとの距離感と、自分らしい生き方の基本がこの自粛期間を通じてわかったのではないでしょうか

 

 

そして、何よりも人とのおしゃべり、会話、それもお互いのことを認め合える関係での会話、ほど人にとって大切で生きる力や、気持ちを支える力になっているのではないか、と強く感じます。

 

 

 

少しづつ社会と経済が動き出しました。

無茶をしないで、感染にも気を配りながら動き出したいですね。

 

 

いろんなお片づけの中でも、写真データを整理していたら・・・次男の高校時代の淀川ウォークのときのゴールの写真が出てきました。(1日京都から大阪まで歩く、卒業のための大イベントだったんですよね)

 

 

 

ブログの感想を送っていただけるようにしました。アメーバIDをお持ちでない方、コメントは気恥ずかしいという方はこちらのフォームからお送りくださいね、(お待ちしております)
下矢印
ご意見・ご感想はこちら
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てワークショップへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
 

カウンセリング予約のご案内

  080-3785-8711

 LINEからもご予約いただけます LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください

 

友だち追加
友達追加していただくとカウンセリングの予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。

カウンセリングのご予約はこちらから

続きを読む>>自粛期間中に気づいたこと、感じたことは何ですか?(妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です