自己実現する妻と変わらぬ夫〜夫への愛情が薄れてしまうもうひとつの理由

元記事:自己実現する妻と変わらぬ夫〜夫への愛情が薄れてしまうもうひとつの理由

カウンセラー菊井です

 

私、もう夫を愛していない?!〜夫への愛情を感じなくなったのは・・・という記事に続きます。

 

 

夫への愛情が薄れていく様に感じることを、ちょっと別の面からも見ていきたいと思います。

 

今の時代、女性が輝く!女性活躍!と女性が積極的に生きていくことを応援する社会になっています。そしてそんな背景とともにいろんなことを積極的に取り組んでるの女性が多いな〜と思います。

 

自治体でも女子起業に力を入れていたり、応援する体制があったりし、ちょっと頑張ってみようかなと起業する人や、そこまで大きなことじゃないけど、ちょっとできた時間で新しい習い事やってみようという人も少なくありません。

 

私のまわり、というか知ってる人の顔を思い浮かべても、お習字、カメラ、ダンス、フラダンス、合唱、ゴスペル、ピアノを習いなおしたり、スポーツジムやトレーナーについての運動をしたり、と妻・主婦・という枠にとどまらず人生を送っている様に感じます。(となると、私は??仕事しかないのか??!)

 

もちろん仕事が中心であっても資格試験に挑んだり、常に何かに前向きに進んでいる女性は多い様に感じます。

 

そうやって、関わる世界が拡がると そこでの人とのつながりや出会い知り得た知識や技術など いろんなものが「私」を成長させてくれます。人は刺激をうけると心地よいものです。いつもと同じ、日常と少し違う世界は自分を変えてくれたようにも感じるし、成長という意味で「私」を変えてくれているのでしょう。

 

私がやる講座→(【最終回】親子コミュニケーション講座)なんかもそんな新しい世界のひとつになるでしょうね。

一方そんな女性たちの夫を見てみると・・・・ずっと以前のままでいるような気がする。なんか昔と変わってないんだよな〜、頭の中が古いまま、なんて思わせてしまう言動が家庭の中ではあるのかもしれません。

 

もしかしたら、外で働く夫のストレスがとても仕事以外の何かをする気になんてならないほど大きなものなのかも知れないし、そんな情報が入ってない状態ということもあります。

 

あなたが見る夫の姿は、何も変わってないように見えてしまうのでしょう(本当に変わってないのかどうかは定かではありませんが・・)

 

変わるとか、変われないとか、そんなこともなく日々の仕事に追われていて、精神的な余裕がないという夫も多いかもしれません。大変だけど 辞めるわけにはいかない、そんな思いにしばられているのかもしれません、(男性ってしんどいでしょうね)

 

そんなしんどさが家では見えてこない、なんか不機嫌、私の楽しそうな話は「ふ〜ん」と真剣に聞いてくれない、なんか腹が立つわ!となっていく日常。

 

そして、女性が成長するのに、主婦という立場があります。

近所付き合い、義両親との付き合い、自分の感情を優先させてばかりはいられない環境での人付き合い。そして、家事育児をこなしていく環境、家事って本当にマルチスキルが問われます。

 

いろんな段取りを、そつなくこなし、あれもこれも同時にすすめていく、料理をしながら洗濯をし掃除もする、なんて風にです。(私は、忘れっぽいところもあるので、洗濯して干すのを忘れてまた洗い直し〜ということもありますが笑い泣き

 

とにかく女性は、いろんなことを求められ それをこなすように努力し、自分の楽しみもみつけていく 男女の生き方の違いが夫婦というものをなんとも言えない感情で抱え込まないといけない現実があるのかもしれません。

 

男女の生き方の違いなんていうと、男性にとっては気の毒かもしれませんね、そうせざるを得ない社会の中で生きていくしんどさもあるのでしょうし・・・

もちろん、男性全てがそうだとは言ってません、より充実した人生を!と向き合う人もあるでしょうが・・・

 

 

先日配信したメルマガにこんな感想をいただきました。

 (一部編集あります)

今回のメルマガの内容、

まさに最近の私が悶々としていたところです。

夫の言動、特に子供達への言葉かけは、自分の主張ばかりで、私が聞いていてもお説教のようにしか聞こえません。
要求が多くて、夫が話し始めると、子供達も私も、「はぁーまた始まった…。」と、楽しく会話をする気分になれません。

今日、メルマガを読んで、

私は夫の何にイラついているんだろうと、考えてみました。
よーく考えてみると、結婚当初や子供達が幼かった頃、もっと夫の事を尊敬していた私がいました。

仕事の話もよく話してくれて嬉しいと感じていたし、若い頃の自慢の思い出話もすごいなーと素直に思っていました。夫という人間は昔から変わりません。

変わったのは私なんだなぁ。

夫が見ている世界はそれほど変わっていなくて夫のままで歳を取っているのに、私の見ている世界はどんどん変わってきて、夫が前ほど尊敬できなくなっているのだと思います。

問題なのは、私がそれを腹立たしいと思っているところなのかな、と。もっと尊敬できるあなたでいてよ!私がすごいなーと思える人でいてよ!がっかりさせないで!と思う気持ちが、イライラの裏にありました。

そして、もっと考えると、やはり愛情があるから、尊敬していたい、信頼していたいのだろうな、と思いました。

と、まあここまで書いてみても、すぐには何も変わらないと思います。イライラもやもやを横に置いて、ちょっと冷静になるだけでも、今日は良しとします(笑)

今日も気づきのきっかけをありがとうございました。

 

 

とても、深い感想ありがとうございました。
そう、イライラやもやもやを横に置いておく、それですよね。すぐに何がどう変わるということもないでしょうしね。

 

何かを変えなくちゃ!とかこのままではいけない!そう感じて行動変容が必要なときもありますが、じわりじわりとたどり着いた日々は、気持ちをいったん横に置いて、じわりじわりとどう付き合っていくかという面からのアプローチも必要かななんて思います。

 

 

一部緊急事態宣言解除になりましたね、そろそろお店でお茶もできるかな〜、お店はその空間でお茶できるからいいんですよね。この2ヶ月全くお店に出かけてません、

 

 

 

ブログの感想を送っていただけるようにしました。アメーバIDをお持ちでない方、コメントは気恥ずかしいという方はこちらのフォームからお送りくださいね、(お待ちしております)
下矢印
ご意見・ご感想はこちら
 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

カウンセリング予約のご案内

  080-3785-8711

 LINEからもご予約いただけます LINEID(@irh1055k)を検索してトークからご連絡ください

 

友だち追加
友達追加していただくとカウンセリングの予約も簡単にご利用いただけます。友達追加してくださってもこちらにはお名前は通知されませんのでお気軽に、追加してくださいね。

カウンセリングのご予約はこちらから

続きを読む>>自己実現する妻と変わらぬ夫〜夫への愛情が薄れてしまうもうひとつの理由(妻の不倫・夫の浮気〜夫婦再生・修復・離婚・別居に悩むあなたへ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です