自分自身を変える事の必要性を感じられない限り復縁出来る事はない

元記事:自分自身を変える事の必要性を感じられない限り復縁出来る事はない

一般的には、自分に問題があってトラブルが起こってそのトラブルを解決したいと思うのであれば自分が持つ問題を解決するべきだと考えます。

 

何故なら自分に問題があるからトラブルが起こる訳で自分に問題がなければトラブルは起こらない、となるからです。

 

こんな当たり前の事は誰でもわかっている事だとは思いますが、復縁したい人の中にはこんな当たり前の事をわかっていない人がいます。

 

そしてその復縁したい人は、自分が当たり前の事を理解していないことに気付いておらず、自分の問題は放置したまま別れた相手とどう接すればいいかを考えます。

 

その結果、起こったトラブルは解決しないままに放置される事になるので復縁出来ないどころか状況の悪化を招くのです。

 

例えば、交友関係で自分が問題でトラブルを起こし続けた結果お付き合いしていた相手が面倒を見切れないと愛想を尽かして別れてしまうというケースがあったとします。

 

この場合まずは交友関係でトラブルを起こしてしまう自分自身をどうにかしない限りどうにもならないケースです。

 

要は自分自身が変わらない限り何も変わる可能性はない、という話です。

 

けれどこういったケースで、別れた相手にどう接すれば気持ちが変わるでしょうか?、次に会ったときにどう接すればいいでしょうか?、という事ばかり気にする人がいるのです。

 

こういったケースは接し方の問題ではないという事に気付かないのでしょうか?

 

交友関係でトラブルを起こす自分をどうにかしなければならないとは思わないのでしょうか?

 

そこをどうにかしなければならないと思えない時点で愛想をつかされるのは当然という事なのではないでしょうか?

 

愛想をつかされて当然な人間性のまま接し方を考えて何かが変わる事などあると本気で思っているのでしょうか?

 

自分に問題があって別れてしまった人は、自分自身を変える事の必要性を感じられない限り復縁出来る事はないという事を知る必要があると思います。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

当たり前の事を理解する事が出来ずに自分に都合のいい考え方しかしない人は復縁出来ない

 

自分自身の原因を考えることなく相手に許されたいと考える人は復縁出来ない

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

 

続きを読む>>自分自身を変える事の必要性を感じられない限り復縁出来る事はない(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です