自分は何もせずに相手が変わって状況が良くなるという考え方自体間違っている

元記事:自分は何もせずに相手が変わって状況が良くなるという考え方自体間違っている

復縁したい人の中には、そんな余裕があっていいのかな?と疑問に思う人がいらっしゃいます。

復縁相談で内容を聞く限りかなり危機的状況にあるにもかかわらず、当の本人はあぁそうなんですね、どうしたらいいか考えてみます、みたいなことを言われるのです。

正直危機的状況になる前から状況は悪かった訳でその時点、もしくは何かしら違和感を感じた時からどうしたらいいか考えようとは思わなかったのか?と疑問しかありません。

相手との関係性が悪化した状態、別れそうな状態で対応を考える事も無く、もっと状況が悪化した状態、手の施しようがなくなった状態になって初めてどうしたらいいか考える、そんな事ではどうにもならない事は確定ではないでしょうか?

もっと早い段階からどうしたらいいか考えて対応していた人でも別れてしまったり、復縁出来ない人はたくさんいるのに危機的状況にあってもそこからまだ動かずにどうしたらいいかを今から考えます、と呑気に言っている人に別れの回避や復縁なんて出来る訳が無いとなるのではないでしょうか?

自身の置かれた状況に危機感を感じない人は、自分に対して甘い考えを持っていてかついつか何かあれば相手が自分に都合よく変わってくれる、と考えている人です。

自分で今の状況をどうにかしようと考えるのではなくただ待っていれば自分に都合の良い状況になるかもしれない、と考えているのです。

けれど実際恋愛というのは相手のある事です。

であれば当事者が何もせずに他力本願でどうにかならないかと考えていてもどうにもならない事であるのは確定のはずです。

そもそも悪い状況になるのに相手に一ミリも悪いところが無かったというつもりはありませんが、自分にも至らない点は必ずあったはずです。

それであれば自分は何もせずに相手が変わって状況が良くなるという考え方をしている事自体間違っていると言えるのではないでしょうか?

それに気付かないようでは恋愛なんて出来ない人、という事になってしまうのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

時間を空ければなんとかなると考えて時間を空けてもどうにもならないという結果を生む

 

同じ事を繰り返した結果別れた人は自分自身についてもっと考える必要がある

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

 

続きを読む>>自分は何もせずに相手が変わって状況が良くなるという考え方自体間違っている(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です