老兵は死なず、ただ消え去るのみ

元記事:老兵は死なず、ただ消え去るのみ

久しく会っていない無かった、協会の

メンバーにお会いする事ができました。

 

 

今日の議題は、協会自体の解体です。

 

調査業界というところは、退職しなければ

ならない理由(公にできない)があって、

警察官を自ら退職した方々は除き、

ほとんどが元シロート。

 

もちろん、その中には

大した内容のない探偵学校を卒業し、

これで独立できるかもと調査会社を始めたり

 

フランチャイズ展開する調査会社と契約し、

ノウハウどころか、調査は気合だとまで

言われ、初めて騙されたと知りながら、

何もないところから、自ら苦労して、

調査会社を運営する者もおります。

 

私の場合、キッカケはある調査会社に

飛び込みアルバイトが最初。

 

たまたま、当時としては大手の調査会社で

警察OBだった社長から手ほどきを受け、

本業とは別に始めたのが最初でした。

 

その後、本業の転職とは別に、探偵業を

副業として続け、ある事がきっかけで、

調査業を本業として、始めることを決意。

 

当時、全国展開を目標とし、フランチャイズ

展開する調査会社と契約しました。

 

ま、内容は前述と同じ・・

研修と称し、新宿2丁目の路上で丸2日間も

張り込みをさせられたり・・・

 

その後の話は、またの機会としますが、

 

いろんな経験値が増え、奇しくも、

当時、あった全国でも古参の部類に入る

北海道調査業協会、その内部事情が

あまりにも酷く、同業者の足の引っ張り合いを

するトップ、さらには、違法行為を公然とする

警察OBなど、上部組織たる団体へも

上申しましたが、彼らも同じ穴のムジナ。

さらにタイミングが悪い事に、上部組織で

不祥事が連続し、ついには、監督官庁から

改善命令のお達しが出てしまう始末でした。

 

そんな中、ひょんなことから、私が、

崩壊寸前、断ち切れそうになった

北海道調査業協会を引き継ぐ事になったのは

今から8年前。

 

業界の健全化を謳い文句に、

調査力や人物評価などを考慮し、入会にも

制限をかけ、講習や認定試験などを

行いましたが、何せ、一匹狼の集団ですから、

統制などできるはずもなく、再び、不正を

暴かれたもの同士が徒党を組み団体を

立ち上げ、現在は、他都府県の業界団体同様

名ばかりの協会の乱立状態というのが、

実態であります。

 

今回は、会員の方に集まって頂き、

自身の体力的精神的な諸事情を説明し、

協会の存続か解体かを議論して頂きました。

 

既に、会員の方々は、業界でも古参の

調査会社ばかり。調査力も実績も8年前とは

大幅に違う方々です。

 

烏合の衆のような団体よりは、個々の特徴を

生かし、相談・依頼者の為に精進する事

こそが、業界の健全化という結論に至り、

早々に解体する結論に至りました。

 

協会会員の方々へは、私のワガママな申し出を

受け入れて下さり、只々感謝のみであります。

 

ブログを読んでいただいている方々の中には、

所謂、調査会社の実態やカウンセラーの本音を

知らずに、今もなお、騙され続けている方も

多いかと思います。

 

その実態や本音の被害から回避できる手段を

公表することも、業界人としての責務と考え、

あえて告知する事にしました。

 

題名は、マッカーサーが引退時に発した名言

と言われていますが、当時の大統領に

進言したにも関わらず、意見が通らず、

自ら引退の道を選択した時の言葉だそうです。

 

業界の健全化に一矢報いる事しか

できなかった自分にとっても、

ふさわしい言葉かと思い、題名としました。

 

 

 

続きを読む>>老兵は死なず、ただ消え去るのみ(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です