目を背けないで。これが「いい人」の末路

元記事:目を背けないで。これが「いい人」の末路

今日は娘の話です。

本人が本当にいろいろなことを乗り越え

前向きになったからこそ話せるようになったことが多々あります。

 

彼女の話から、「嫌われたくない、いい人でいたい」と思っている人は

決して幸せにはならない、ということを

あなたにも知っていただきたい。

 

 

 

何度でも言いますが、他人から見たいい人は

ただの都合のいい人です。

 

自分自身に照らし合わせてみてください。

 

あの人はいい人、と褒めたくなるときは

あなたにとって良いことが起こったときでしょう?

 

大変な時に助けてくれた

苦しい時に手を差し伸べてくれた

 

何かしら、あなたにメリットがあるときだと思います。

 

 

そしてそのいい人があなたにとって嫌なことをした瞬間に

その人はあなたにとって嫌な人になります。

あなたがその人をいい人、と認識するのは

あなたにメリットがある間だけです。

 

まず、そこから目を背けないで。

人間は基本的に利己的なんです。

それは当たり前のことなんだから

ちゃんと認めてあげてください。

 

私はそんな人間じゃない、と否定している間は

自分ファーストがそもそもできてない状態だから!

 

 

 

それらを踏まえたうえでのお話。

 

 

「私が言われるままにホイホイ書類を書いたり

ちゃんと考えずにうのみにしてたのが悪いんだけど」

 

 

彼女は分不相応なエステにさんざん通ってました。

きっかけは、女子会。

婚活でもあるあるですが、顧客キャッチのための女子会だったんですね。

 

そこでキャッチされてからかなり高いエステに通い

毎回化粧品なども購入していたようです。

 

そんなのバカらしいからやめなさい、と言ったところで

むしろ反発するのはわかっているからこそ、私は

「やめるきっかけがつかめないのなら、成人式までって決めなさいね」

というようにアドバイスするだけにとどめておきました。

 

 

そして、ほかは全部後でわかったことですが

 

同期の女の子に変にライバル視され

直接「あんたのこと嫌いなのよね」のように言われたそうです。

それまでは3人でよく遊んでいたのですが

1人がそうなり、そしてもう1人は娘にその子の悪口を言うようになり。

 

過去自分が嫌がらせをされたことがあるからこそ

そういう陰口をたたくのが嫌いな娘。

でも、いい人でいたいがために、「そういうの嫌い」とは言えず

ずっとただただ悪口を聞く役になっていたそうです。

 

そして、自分で何でもやるのが偉いと思いこみ

人の助けを借りなくなったうえに

「助けてもらう=他人に手をかけさせるのはいい人ではない」

と自分を責めるように。

 

 

そういう日々を送っていたら、だんだんと

自分に対して手を差し伸べる人を敵視するように。

 

これは私も経験があるから分かるのですが

男性や、女性でもかっこいい先輩に助けてもらっていると

絶対一部から嫌われるんですよね。

しかもそういう人は、言い返さない人間を察知してるんです。

つまり、娘や昔の私のような「嫌われたくない人」に

攻撃を仕掛けるんですよね~……

 

 

誰かに嫌われたくない、いい人でいたい娘は

職場の人たちに心を閉ざしました。

 

 

そんな時に、エステ関係の飲み会に呼ばれ

そこで副業の勧誘を受けたようです。

 

冷静に分析するに、間違いなくうちの娘はその界隈でカモだったんでしょう。

嫌われたくないから、はいはい言うことを聞くいい人は

自分のためには他人がどうなろと何ともない人にとっては

この上なく都合のいい人なのです。

 

 

そしてその副業は、相席居酒屋などに出向いて

いろんな人脈を作り、イベントに呼んだりするというもの。

 

 

嫌われたくない、いい人でいたいと思っている人間が

何かを売りつけるって無理なんですよ。

自分が惚れ込んでいる商品ならいざ知らず、ね。

 

だから私も保険のセールスはできなかったんですもん。

そのころは若くてその必要性も分からなかったし

保険=家計を苦しくするもの、でしたからね。

 

 

 

幸いなことに彼女は途中でスッとさめたらしく

「これじゃいけない」と、ちゃんとバイトをするようになったようなのですがね。

 

 

娘は言うんです。

「今考えると、職場の人はみんないい人だった。

あれこれ言いながらも一生懸命私に関わってくれたし

手を差し伸べてくれてたよ」

 

 

 

わかります?

 

 

 

世の中全員に対しいい人でいたい、嫌われたくないと頑張っていた娘は

娘を都合よく使おうとした人に対してもいい人になろうとし

その結果彼女のもとに残ったのは多額の借金。

そして、人脈作り、という名目のもとに連絡先交換をした中の

彼女に寄生・依存しようとするおかしな人たちのみです。

 

 

今彼女を支えてくれているのは

彼女が自分ファーストしだしてから一緒にいる仲間です。

自分ファーストしだしてから働いている職場です。

 

 

そしてその友達は、娘に対し

いいことはいい、悪いことは悪いときちんと言ってくれる人ばかりです。

 

 

娘に変に執着し「あなたと連絡取れなくなったら死にます」と言う人がいたそうです。

私はもちろん

「人は他人のせいでどうこうっていうのはない。

最後は全部自分で選んでるんだから、あなたには関係ない。

たとえば、もしあなたが死ねと言ったとしても、死にたくなければ人は死なない。

逆に死なないで、って言っても、その人が死にたきゃ死ぬのよ。

他人の人生に影響を与えることはできても、他人の人生をコントロールすることは

誰にもできないんだから。

だからあなたも自分はどうしたいかを自分で決めなさい。

そして、優先するのは自分の幸せだからね。

他人を幸せにしようと自分が犠牲になろうとすると

結局誰一人幸せにはできないんだから」

と伝えました。

 

そしたら、友達も同じようなことを言ったそうで

その子(女の子)に

「おかんみたいなこと言ってる」

と言ったら、笑われたそうです。

それを聞いただけでいい関係なんだな、とほっとしました。

 

 

自分ファーストにまだ抵抗がある人へ

 

 

自分を優先するなんてダメ、とか

「いい人でいなければいけない」とか

自分ファーストは自己中、とか思ってる人がいるのなら

本当に目を覚ましてくださいね。

 

 

100%好かれる人なんていないんです。

そんなの無理です、あきらめましょう。

 

そこに心を砕くんだったら

自分で自分のこと100%好きになれるように頑張った方がまし。

 

 

 

 

いい人でいたくて、不本意なことしてませんか?

いい人でいたくて、心を殺してお付き合いしてませんか?

いい人でいたくて、思ってもないことに同意してませんか?

いい人でいたくて、嫌いなことを嫌いっていえずにいませんか?

いい人でいたくて、本当の自分を隠していませんか?

 

 

 

うちの娘や、昔の私のようになりませんように。

今からでも間に合います。

自分ファーストしましょう。

私や旦那さん、そしてうちの娘がいい見本です。

誰だって、いつだって変わることができるんだから

今までとは違うことをすることを、恐れないで。

 

 

私は私の世界に見える人たちみんなに

幸せに生きてもらいたい。

だから、私は私のために、自分ファーストを広めます。

 

 

あなたがうまく自分ファーストできていない理由

現実がなぜかうまくいっていない理由

いつも〇〇だけがうまくいかない原因

 

一問一答スタイルのセッションにて明らかにし、改善していきましょう。

 

1ヶ月みっちり一問一答した後は

1ヶ月かけて課題に取り組み……を繰り返し

最後はZoomにて仕上げ。

 

 

終わったころには、きちんと自分の足で立って

自分ファーストで歩めるようになっています。

 

人生は苦しむためにあるんじゃない

楽しむためにあるんだから

そのために今、決断しましょう。

 

あなたの人生を変えるきっかけは、こちら

続きを読む>>目を背けないで。これが「いい人」の末路(自分ファースト至上主義!~人生は思い通りになって当たり前~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です