泣き叫び、謝罪を繰り返し、荷物の搬出を止めようとする妻を見ても、全く心が動きませんでした。

元記事:泣き叫び、謝罪を繰り返し、荷物の搬出を止めようとする妻を見ても、全く心が動きませんでした。

org

今までにあった修羅場を語れ

660: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/05/05(火) 22:24:22 ID:???

あの忌まわしい出来事が、この季節が来ると思い出します。

私は専門学校へ通っていた時、夏美という女性知り合いました。会った瞬間、運命的なものを感じ、
猛アプローチを掛け、彼女も笑顔で付き合うことを承諾しました。
お互い就職して3年の社会人を経験し、結婚をしました。
夏美と話し合い、暫くはお互いに仕事を続け、マイホーム資金を貯め、家族を作り、幸せな家庭を築く。。
そんな人生プランを立て、目標に向かってお互い励まし助け合い、仕事に勤しむ毎日を送っていました。

そんなある日、私は業務で、隣町の営業所に社有車で出かけた時のことです。
思ったより早く業務を終えたので、気分転換も兼ね、遠回りの山沿いの道を選び、帰途につきました。

その道は雑誌でも紹介されており、新緑の回廊をちょっとしたドライブ気分で気持ち良く車を走らせていました。
路肩に工事予告の標識が置かれており、交通警備員が赤い旗を振っているのに気付き、車を減速させ、停車しました。
路肩の雑草を伐採しているようで、片側規制されており、対向車が数台走って来ました。

すると、私の車と同じ車種、同じ色の車が通り過ぎ、思わずドアミラーに目をやり、過ぎ去っていく様子を確認しました。
車の後部に、私が付けたオプションのパーツと同じものがついていて、
ナンバーは鏡なので逆に映り、確認までは出来ませんでしたが、同じナンバーだったように思えました。



続きを読む

続きを読む>>泣き叫び、謝罪を繰り返し、荷物の搬出を止めようとする妻を見ても、全く心が動きませんでした。(2ch浮気速報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です