気持ちが冷めてしまった原因を理解して対処しない限り意味が無い

元記事:気持ちが冷めてしまった原因を理解して対処しない限り意味が無い

復縁したい人の中には気持ちが冷めてしまったと言われて別れてしまった相手と連絡を取り合っていいのか、数か月冷却期間を設けたほうがいいのか、と悩んでいる人がいます。

しかしこういった考え方をしている人に復縁出来る可能性は、かなり低いと言っていいでしょう。

何故かというと、連絡を取り合ったとしても、冷却期間を設けたとしても気持ちが冷めてしまった原因を理解して対処しない限り意味が無いからです。

まず考えなければならないのは、相手の気持ちが冷めてしまった理由であって相手の気持ちが冷めてしまった理由が分からないのであれば連絡をする事に意味はないですし、冷却期間を設ける事にも意味はありません。

もっと言ってしまうのであれば、相手が自分に対して気持ちが冷めてしまった理由が分からず、特に対処も対策もせずに放置したままで連絡を取り合っても気持ちが戻る事は無いですし、冷却期間を設けても気持ちが戻る事は無い、という事です。

気持ちが冷めてしまって別れてしまったという事は気持ちが冷めてしまう何かがあったという事です。

であればその気持ちが冷めてしまう何かを改善しない限り復縁したい相手の気持ちを取り戻すことは出来ない、という事は確定です。

であれば相手の気持ちが冷めてしまった理由から考えなければならないのにそういったところから考えるのではなく、別れてしまった相手と連絡を取り合っていいのか、数か月冷却期間を設けたほうがいいのか、と悩んでいるのであれば復縁に繋がらないのは当然ではないでしょうか?

自分に問題があるから起こった事柄に対して自分の問題点をどうにかするのではなく、自分の問題点を放置したまま連絡を取り合う事や時間を空ける事で解決できないかと考える事が正しいと言えるはずがありません。

正しいと言えるはずがない、別れてしまった相手と連絡を取り合っていいのか、数か月冷却期間を設けたほうがいいのか、と悩んでいる人に復縁出来る可能性が低いのは当然なのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

自身の視野が非常に狭くなっていて思考の幅が狭まっている事を認識する事から始める

 

自分は何もせずに相手が変わって状況が良くなるという考え方自体間違っている

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

 

続きを読む>>気持ちが冷めてしまった原因を理解して対処しない限り意味が無い(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です