文旦 収穫時期

元記事:文旦 収穫時期
そういえばここで紹介したことはなかったわね

毎年この時期になると

文旦をお取り寄せしています

文旦というのは

とても大きな柑橘で

土佐 (高知) が名産

直径は 10cm から大きいもので 15cm ぐらいある

色はきれいなレモン色

グレープフルーツを一回り大きくしたと言えばわかりやすいかな

外皮はとっても分厚く

剥きにくいのが難点

いつも房をひとつひとつ丁寧に向いているんだけど

これが結構力がいるの

とても苦労して文旦二個分

皮をむいてタッパーに入れとくんだけど

旦那様と二人で食べていると

注意してないと 1 時間ぐらいで

全部食べちゃうほど美味しいの!

やめられないとまらない

という柑橘はなかなかお目にかかれないけど

文旦はまさにやめられないとまらない

今年購入した文旦は 5kg で 12 個ぐらい入ってたかしら

最初の4個ぐらいまでは

まだ熟し切っていなかったのか

実も固く酸味が強くて甘さはちょっと控えめ

それが後半になってくると

追熟してきたのか

柔らかく甘さも増してきました

こうなってくると本当に止まらない

二人で自制心を持って

「やめようね」

と言いながらでも

なかなか止まらない

普通に買うと

訳あり品で 5kg で3000円ぐらい

ふるさと納税でも 5kg で1万円ぐらい

だったと思うわ

ちょっと高いかもしれないけど

これだけ美味しいんなら

お金を出す価値はあると思うの

一度食べてみて!

はまるわよ

906993_s.jpg

この日記を気に入ってくれたら、毎日ポチって押してくれると嬉しいです
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ


http://adm.shinobi.jp/s/01c6a6c7f604bed6fab3fcf8978de33f

続きを読む>>文旦 収穫時期(再会そして落ちていく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です