挑発

元記事:挑発
さて?俺と同僚は?

No-Vaの楠木に会計を任せて席についた!!

すると?楠木は何か言いたげだったが・・・。
〓俺と同僚の飲み物を運んできた!

「じゃ、そろそろ話を始めようか!!」

俺は楠木が買ってきた飲み物をもらい、
一口飲み、話を始めた!!

「楠木さん。単刀直入に言うけどさー、これ完全にねずみ講だよね?」

 「俺達のこと騙して20万取ろうとしてるでしょ?」

No-Vaの楠木
「いや、そんなことないですよ!」

俺「あーこうゆう事でしょ?」

 「ムリにやって欲しいって言ってるわけじゃなくて、
  チャンスだと思うなら、一緒にやりませんか?って話なワケでしょ?」

と。

楠木が一丁前にイラついてきた・・・。

実際、俺は挑発しているので・・・?
相手が熱くなればなるほど、
こちらの思う壺なのだが・・・。

 どうやら?気付いてない?らしい・・・。

俺は、更に挑発を重ねる。

「あのさー楠木さん、何イラついてんの?」

「お前らが?
 俺らの休みの大切な時間を
 こんな何時間も無駄にしといて、
 俺達が悪いみたいな言いぶりじゃんよ!!」

と。

No-Vaの楠木
「いや、イラついてないですよ・・・」

と言い訳してきたが、
今更遅い!!

という事で?
俺も再度、オラついて(輩になって)みることにした!!
口調と声のトーンを変えてみる)

「おい、お前さー、ここまで来させて時間とらせといて、
 やりたくなかったら?
 「無理にやって欲しい」って言ってねぇってナンだよ?」

「お前、広告の副業だっていうから来たら?
 ねずみ講って騙そうとしてる以外、何かあんのかよ?」

で、ここで?
俺の矛先は?
今度は、紹介者であるミキへ。

「おい、ミキ、てめぇも一緒だからな!」

「お前さー関係ねぇみてぇな顔してるけど
 そもそもてめぇが誘ってきたんだからよ。」

「どうすんだコラ?」

と、火種を落としてやった・・・。
続きを読む>>挑発(ワルイのは俺さ・・・。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です