愛してるー75 でも好きになれない

元記事:愛してるー75 でも好きになれない

 ゆづるはドアを

 閉めて、

 向こう側にいる順に

 舌打ちしてから
 落とした食事を拾って

 ラップを外した中を

 開けてみると、

 麺類じゃ

 なかったからどうにか

 食べられそうだ。
「腹が減ったから

 仕方ないな。」
 皿に入れ替えて

 食べ終わると

 玄関の外を覗く。

 順はいない。

 窓から下を見る。
 順らしき人影がまだ

 立っている。

 電気を消して

 いなくなるのを待った。

 それがゆづるの

 帰れと言う合図

 だと受け入れて順は

 帰っていった。
 帰り際

 大きく肩を落として
 寂しそうにしているが、

 ゆづるには

 ゆづるにどう

 見られるかを計算した
 順のあざとい演技に

 しか見えなかった。
 風呂に入ると、

 順にイかされた

 自分の身体が

 汚く思えて何度も

 洗い直して
 長く風呂から

 出られなかった。
「あのガキ、蛇女だ。」
 あまりに多くの男に

 抱かれてしまって

 まともな恋愛が

 わからないんだろう。
 しかし同情ではなく

 嫌悪した。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

昨日はお休みしてごめんなさい。

また来てくれてうれすうですう。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む>>愛してるー75 でも好きになれない(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です