情けない男の性

元記事:情けない男の性

米国の有名な実験

 

 

アイオワ大学の男子学生に、

 

仮定の女性を数人上げて、どの女性とmake loveすると、HIV(エイズ)の感染が高くなるか質問しました。

 

 

仮定の女性の情報として、これまでの男性経験の人数と、その女性がコンドームを使用する(使用してもらう)頻度が、それぞれ数値化されています。

 

 

この質問に、大学生たちは、経験人数が少なく、コンドームの使用頻度が高い女性が、HIV感染リスクが少ないと、判断しました。

 

 

まったく、当然ですよね。

 

 

 

さて、べつの男子学生に、同様の情報と、それに加え、非常に魅力的なmake loveを刺激するような女性の写真を同時に見せたところ、

 

 

なんと、

 

 

先のデータのような理知的な判断は消え、

 

 

経験人数の多さと、コンドームに対する認識の低さが、HIVリスクの高さに関係するという判断が無視されるようなデータがでました。

 

 

 

男は、欲望に負けて、健康を害する判断を時として、してしまう・・・・・という

 

 

情けない男の性(さが)のお話でした。

 

 

素敵な貴女、会えるかな?

 


にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村

 

 

 

 

続きを読む>>情けない男の性(年齢差25歳のラブレター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です