復縁工作の難易度についての簡潔な難易度の判断の仕方

元記事:復縁工作の難易度についての簡潔な難易度の判断の仕方

復縁の難易度について依頼金額が変わると表記している復縁屋は多いですが、復縁の難易度についての記載は特にないので復縁工作の依頼を考えている人には復縁の難易度はわかりづらいかと思います。

 

もちろん復縁したい人本人でも自分の置かれた状況を考えれば復縁に至る難易度が高いか、低いか、という事は想像できるかとも思いますが、復縁工作の難易度に関しては感情以外の部分も関係してくるので復縁したい人に判断は難しくなってしまいます。

 

ですから今回はなるべく簡潔に判断基準を書いてみたいと思います。

 

まず単純に復縁したい相手の情報量が少ない場合は復縁工作の難易度は上がります。

 

この場合は感情云々は抜きにして相手の情報が少なければ調査量が増えるので実働が増えるという意味での難易度が上がる、という話になります。

 

また他にも復縁したい相手と連絡が取れない、会う事が出来ない、という場合などは感情的な問題として相手から拒否されているので復縁工作の難易度は高いといえます。

 

では逆に難易度が普通という場合はどうなのかというと別れ際や別れたばかり、それで相手とやり取りくらいはしているが、相手の気持ちは離れてしまっている、という場合などが当てはまります。

 

こういった場合は、別れの原因を紐解き、それらを改善すると同時に相手が復縁したい人に持っているネガティブなイメージの緩和を目指す、という形になります。

 

一番勘違いが多いのがこのケースでこういったケースであるにもかかわらず自分の復縁の難易度は低いと考えている人は多いです。

 

しかし実際に自分を改善するという事の難易度は低くないので簡単に復縁出来るとはなりません。

 

最後に難易度が低いケースというのは、復縁したい相手と連絡を取り合える、会う事が出来る、体の関係もある(セフレではない)という場合です。

 

こういった場合は何か一つが引っ掛かっているか、何か踏ん切りがつかない問題があるか、という形になるのでそういった部分を解決することで復縁は可能になります。

 

ものすごく簡潔に書いてしまいましたが、復縁工作の難易度はこういった形を参考にしていただくとわかりやすいかと思います。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

復縁工作をしても復縁出来ない人は復縁屋ではお断りする形になってしまう

 

復縁工作は復縁屋と復縁したい人の共同作業

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

 

続きを読む>>復縁工作の難易度についての簡潔な難易度の判断の仕方(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です