喫煙者は雇用不可になります

元記事:喫煙者は雇用不可になります

~ 雇用不可になるケース ~
弊社では以下に該当する方は原則・雇用不可とさせて頂いています。
エントリー予定の際はご注意くださいませ。

● 雇用不可となる場合
① 喫煙者
② 刺青のある方(見えないタトゥは要検討)
③ 逮捕歴のある方
④ 自己破産・任意整理から5年未満の方
⑤ 反社会団体に属していた方
⑥ 弊社が不可と判断した場合

⑥以外は、自己申告になりますので確認することは困難です。
ただ、雇用後に上記発覚した際は残念なが退職手続きをさせて頂きます。
その為、上記に該当する方はご遠慮頂いています。

①のタバコはですね。
調査スタッフ・別れさせスタッフ・内勤の全てで「禁煙」としています。
その為、調査車両での待機・移動時に「匂い」から体調を崩す方も居られます。
仕事中に吸わなくても体臭・口臭が抜けてないとタバコをか感じます。
よって弊社では「吸わない人」を優先的に雇用させて頂いています。

②は夏場に見えて避ける方も居ます。
「怖い」と感じたり、尾行中に刺青が見えれば…調査対象の印象にも残ってしまいます。
それが結果的に作業失敗の要因になることも考えられます。
なので刺青も不可としています。

③④⑤は、お客様や対象者の個人情報を預かる仕事ですかね。
安心して任せて頂くためには、「雇用不可」とするのは必然となる部分です。

● 優先される経験とは?
以下を経験されていると即戦力として優先されます。
当然、報酬面でも差が付きやすいです。

・芸能
・モデル
・水商売
・多くの恋愛
・不倫
・営業職

● 必要な資格や免許は?
特にありません。
ただ、職業的に持っていれば良いと思うのは以下となります。

・自動車免許
・自動二輪免許
・宅建士
・行政書士
・FP

■ 恋愛コンサルタント・別れさせ屋・復縁のお問合せ
(ID検索は「urakami-desu」)
LINEの相談フォーム

(電話相談・メール相談)
別れさせ屋の無料相談

続きを読む>>喫煙者は雇用不可になります(別れさせ屋の社長ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です