問題を解決するためにどうしたらいいかというところまで考えなければならない

元記事:問題を解決するためにどうしたらいいかというところまで考えなければならない

復縁したい人の話を聞いているとやっている事自体は間違いではないのですが、ただそれをやることで問題が解決するわけではない、という事には気付いていないという人が多い事に気付きます。

 

ただ漠然とこういった事やを書いても何もわからないと思いますので、例を挙げながら書いていくので心当たりのある人にはしっかりと考えていただきたいと思います。

 

例えば理不尽に怒る事を繰り返していたら相手の気持ちが冷めてしまって別れる事になってしまったとします。

 

そして復縁したい人が考えて行う事は、理不尽に怒らない、という事です。

 

確かに理不尽に怒らない事は必要です。

 

ただ理不尽に怒らなければ復縁出来るという考え方は間違っています。

 

問題点は理不尽に怒ることを繰り返すという人間性にあるのであってただ理不尽に怒らなければその人間性は直さなくてもいいとはならないのです。

 

むしろその人間性を直さない限り復縁する事は出来ません。

 

にもかかわらず理不尽に怒らないと相手に言う事で復縁出来ないかと考えている人は多いです。

 

他にも相手の気持ちを考えずに感情的に行動したり、言葉を発したりする事を繰り返していたら相手の気持ちが冷めてしまって別れる事になってしまった人が、相手に連絡を控える、と考えたとします。

 

確かに相手に迷惑となる連絡はしない方がいいです。

 

それは事実ではありますし、正しいと思います。

 

しかし相手に迷惑となる連絡をしなければ復縁出来るとはならないという事は誰にでも理解出来るでしょう。

 

この場合復縁したいと望むのであれば、相手の気持ちを考えずに感情的に行動したり、言葉を発したりする自分をどうにかしない限りどうにもならない、といえるでしょう。

 

このようにやっている事自体は間違いではないが、あくまでそういった事をするのは当たり前の事でそういった事をしてしまう自分を根本から変えなければ復縁出来ないのに単に当たり前の事をするだけで復縁を望んでいる人は多いのです。

 

それでは努力していると思っているのは復縁したい人だけで相手からしてみれば人間性も性格も変わっていない訳ですから何も変わっていないという評価になるだけです。

 

復縁したい相手から何も変わっていないという評価をされるという事は復縁出来ないという事です。

 

ですから復縁したいと望む人はきちんと問題を解決するためにどうしたらいいかというところまで考えなければならないのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

きちんとした目標をたてられる人と漠然とした目標しかたてられない人では達成率が全く違ってくる

 

大事なのはクリスマスにどうするか、ではなく、クリスマスまでにどうするか、という計画性

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

 

続きを読む>>問題を解決するためにどうしたらいいかというところまで考えなければならない(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です