別れに至るのは何かしらの問題があったから

元記事:別れに至るのは何かしらの問題があったから

お付き合いしていたカップルが別れてしまうという事は、別れに至る何かしらの問題があったからです。

 

けれどごく稀に復縁したい人で問題に対して解決しようという意思がない人、というのが見受けられます。

 

もっと正確に言うと別れたという事実は認識出来ていても問題があったことを認識出来ていない、問題を問題だと認識出来ていない、という人がいるのです。

 

要は問題があったから別れる事になってしまったのに問題があったという原因を認識していないのです。

 

もっと言ってしまえば原因がある事は認識出来ていないのに結果の別れるという事だけは事実として突き付けられているので、なんで別れる事になっているのか、という気になってしまって復縁したいと望んでいる人です。

 

まず復縁を抜きで考えたとしても問題がある事すら認識出来ていないのに失敗した事に対してどうにか成功させたいって無理だとは思わないのでしょうか?

 

失敗には原因があります。

 

そして原因に対処するから成功に導く事が出来るようになるのです。

 

失敗に原因に対処することなく成功を望むって、もうそれは運任せでしかないのではないでしょうか?

 

運任せで復縁したいなんて真剣に復縁に望んでいるといえるのでしょうか?

 

まずは問題を問題だと認識出来る人でなければ復縁は無理ではないでしょうか?

 

何度も書きますが、問題があるから気持ちがなくなって別れるのです。

 

問題がなければ気持ちがなくなることもないので別れないのです。

 

であれば別れてからも問題がそのままであればどうなるでしょうか?

 

気持ちがなくなったままでしかないのです。

 

もしここで問題を改善するのであればもう一度気持ちが発生する可能性があるのです。

 

ですから別れに際して問題があったことを認識して改善する人には復縁の可能性があって、問題があったことすら認識できない人には復縁の可能性はないのです。

 

復縁したいと望む人はまず問題があったから別れたという当たり前の事を認識することが大事なのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

相手の気持ちを取り戻すという事と正反対の行動をする人

 

自分を直すとどれだけ言っても相手に信用してもらえない

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

 

続きを読む>>別れに至るのは何かしらの問題があったから(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です