別れについてどう考えているかが復縁出来るかどうかの可能性を分ける

元記事:別れについてどう考えているかが復縁出来るかどうかの可能性を分ける

復縁したいという事はその前に別れがあった、もしくは別れの予兆があるという事ですが、この「別れ」に関してきちんと考えられる人は復縁出来ていますし、きちんと考えられていない人は復縁出来ていません。

ですから今回は実際に「別れ」がどの時点から考えなければならないか、という事に焦点を当てて書いてみたいと思います。

まず相手の気持ちが離れてしまったのであれば別れる、別れてしまうと意識するべきです。

実際、別れの言葉は出ていないけれど明らかに相手の態度が変わって別れそうです、という状態で復縁相談される方はいらっしゃいます。

こういった方は早め早めに手を打てるので相手の気持ちを取り戻し復縁出来る確率は高いです。

しかし相手から気持ちが無い、別れたい、と言われているのに自分が別れたくないと言って時間を貰ったから別れていないと考えている人がいます。

それは言葉の上では別れていないかもしれませんが、気持ちの上での別れていないと考えてしまえば違うのではないでしょうか?

実際こういった方は、一か月後に最後に一回会う約束をしている、最後に会ってから別れる約束をしている、と言ってその一回で何とか復縁出来るかもしれない、と考えています。

けれど気持ちが離れているという事実があるのに気持ちは離れていない、まだ別れていない、と勘違いした考え方をしている人に何が出来るのでしょうか?

気持ちを取り戻す事など出来る訳が無い上にただ会って別れる事になって、まだ気持ちがあると勘違いしているから縋って印象を悪くして、相変わらず変わってないなと相手を呆れさせるだけです。

要は復縁出来るかどうか以前により状況を悪くさせるだけ、という事です。

実際に相手からもう気持ちが無い、別れると言われて連絡をブロックされているのに来月最後に会う約束をしているから復縁の可能性があると言っていた人は復縁出来なかったですし、他に好きな人が出来た、その人と付き合うから別れようと言われているのに再来月会う約束をしているからそれまで別れていないと言っていた人も復縁出来ませんでした。

この人たちももっと早いうちから現実を受け入れて対処していれば復縁出来たかも知れません。

けれど会えば復縁出来る可能性があると勘違いしていて復縁する為の対処を何もしていませんでした。

はっきり言ってしまえば、別れるという事を相手の気持ちが離れる事だと認識出来ている人には復縁の可能性があり、相手の気持ちが離れているかどうかではなく言葉で別れると言われるかどうかを別れだと認識している人には復縁の可能性はない、という事です。

ですから復縁したいとなる前に別れについてどう考えているかが復縁出来るかどうかの可能性を分けるという事をきちんと理解しなければならないのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

復縁は辛いものだがその辛さを乗り越えられる人にしか復縁の可能性は発生しない

 

復縁の可能性があると言われる復縁方法の本当の意味を理解して復縁の可能性を上げたい

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら

続きを読む>>別れについてどう考えているかが復縁出来るかどうかの可能性を分ける(復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です