別れさせ屋の統計データをお見せします.閲覧者数

元記事:別れさせ屋の統計データをお見せします.閲覧者数

別れさせ屋の統計データをお見せします.閲覧者数
(2019年・2020年の閲覧者数の対比)
2020年
2019年

10月からSNSへの方向性を変えてアプローチさせて頂いています。
なので、例年は閲覧者が減少する10月が…今年は少し伸びてますね。
5月頃に増えているのは、コロナの影響です。
こんな感じで、日々方向性を考えて仕事してますよ。

例えば、恋愛コンサルタントの場合。
現時点で進行形のお客様は全国で「300名」ほどとなっています。
関西エリアが75%を占めています。
こちらが1000名を超えたら、別れさせ屋の新しい形になったのかも知れませんね。

恋愛ビジネスの特徴として、不景気・不況になると好景気となります。
これは探偵業も同じだそうです。
やはり、「怖さ」を感じたら本当に大切な人と近くにいたい。と感じる。
その影響から「別れさせたい・別れたい」となる方も多いのです。
よって、コロナにより怖さを感じて不倫・本命との比較を考えた方は多いですよね。
多くは不倫を終わらせようとします。
妻・夫、そして子供を守ろうと考える。
だけど、その反対で彼女との将来を考えるケースも20%~30%はございます。
だから”コロナ離婚”と言われ突発的な駆け込みが合ったのではないでしょうか。

来月から11月・12月、1月と寒い時期に入ってきます。
このシーズンはアクセス数は減少傾向ですが、相談件数は大きく変わりません。
寧ろ、焦り・寂しさが募るので「契約前提」の相談が増えるのです。
実際、年末は日没も早くて夕方には暗いですよね。
家に帰っても1人で寂しい、彼は家で奥さん・子供と温かく団欒している。
クリスマス
年末
年始
これだけの期間を寂しく感じていれば、それだけ「別れさせたい」となります。
2020年は24日(木)、25日(金)なので、それから年末年始の休暇に入るのでしょう。
新年は11日まで休みになるのか…
そうなれば超長期休暇じゃないですか。
恐らくは、会えない寂しさや「2番手」の嫉妬は大きくなると思います。
だからと言って、焦って契約しても良いことはありません。
経過的に、合理的に進めましょうね。

続きを読む>>別れさせ屋の統計データをお見せします.閲覧者数(別れさせ屋の社長ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です