何とか爪痕を残したい・・・。

元記事:何とか爪痕を残したい・・・。
ホテルに誘うも?
あえなく・・・撃沈・・・。

 絶好のタイミングも逃し・・・。

俺が出来ることは・・・?と考え始めた。

帰りに「駅まで送る」と言って、
駅に向かって歩き始めた!

俺は、何とか爪痕を残したい・・・。

という事で?
駅の少し手前の
人通りがあまり無い川沿いの道で・・・

「最後に少し時間が欲しい」

と言ってみた。

人妻である女性幹事A子
「うん。少しなら大丈夫だよ!!」

と、少し話すことにした。

で、ここで打てる手は?

〓ド直球!!!

 「俺、A子ちゃんの事が好きで、本当に付き合いたいと思ってる。」

 「でも、A子ちゃんもいきなりだと困ると思うから、今日は帰るね!!」

 「だから、最後に、ほっぺにチューしてくれない?」

と、頼んでみた。

人妻である女性幹事A子

「えぇ、恥ずかしいよ!●●くんがしてよ!と!」

 ダメ元で言ったわりに、ちょっと刺さったか?

 おっ?これは?と思った!

俺「でも、俺からチューしたら、口にしたくなっちゃうから、お願い!!」

と言ってみた!

すると?

人妻である女性幹事A子
「じゃ、いいよ!!ほっぺにチューね!」

と言って、
ほっぺにチューしてくれる事になったのだ!!

これが、爪痕になるかどうかは分からないが・・・。

 少しでもA子の記憶に残したい・・・。

とここで、秘中の秘

 俺は?

 ほっぺにチューする瞬間に
 A子の方を向き、口にチューに成功!!!

人妻である女性幹事A子
「あー、●●くん。ズルーーイ」

と言われた程度で、なんとなく終わった。

俺は、かなりテンションが上がり、
とりあえず駅まで送ることにした。
※きっと多少、爪痕は残せた気がしていた・・・。

だが、駅に着くちょっと手前で
ちょっとした事件が起きた・・・。

続きを読む>>何とか爪痕を残したい・・・。(ワルイのは俺さ・・・。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です