仕掛けて待つのかこちらか攻めるのか|不貞する者、結末を望む者

元記事:仕掛けて待つのかこちらか攻めるのか|不貞する者、結末を望む者

『お前とやり直す気持ちがない』

『この一言で、頭が真っ白になったんですね』

前記事はここ↓をクリック

 

不貞夫が出て行ってから、数時間後。

やっと、正気に戻ったというサレ妻。

置かれた立場、そして捺印してしまった事の

重大さに気づく。

 

サレ妻はネットで初めて、『離婚不受理届』

存在を知り、市役所に向かった。

 

『とにかく、先に出してからまた連絡下さい』

この一言を信じて、向かったサレ妻。

 

『不受理届を受理してもらいました』

その連絡が入ったのは、市役所が開庁した直後

だった。

 

『離婚届が、先かそれとも不受理届けが、先かは

 後に判明しますが、離婚届が受理された後だと

 裁判所での手続きになりますからと

 言われました』

 

数日中に荷物は引き上げに来るんですかね?

『多分、今日にでもやって来ると思います』

 

手配させたのは、2台のGPS。

 

私物に忍び込ませるように提案し、数時間後

には装着し終えた連絡が入った。

 

サレ妻は、この日午後から出勤を終え、

帰宅すると予想どおり、不貞夫の荷物は既に

持ち運ばれていた。

 

そして、書き置きが一枚。

 

『役所に離婚届を提出しました』

 

 

 

 

 

続きを読む>>仕掛けて待つのかこちらか攻めるのか|不貞する者、結末を望む者(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です