不倫夫のプライド・有責配偶者の烙印から

元記事:不倫夫のプライド・有責配偶者の烙印から

先日、ある離婚裁判での話

 

一体、何度目の離婚裁判?

 

 

(裁判官)

離婚については検討頂けましたか?

 

サレ妻

条件によっては離婚に応じることが

 

可能なのか、どんな条件下でも離婚に

 

応じる意思がないのかを期日内検討

 

しましたが、どんな条件下であっても

 

離婚には応じない、裁判官に判決を求める

 

ということに変わりありません

 

(裁判官)

 

被告(サレ妻

 

被告の準備書面に対し、原告は反論しますか?

 

原告代理人(不倫夫側弁護士

 

 

 

はい

 

(裁判官)

 

原告側は原告本人の尋問を実施する

 

予定ですか?

 

原告代理人(不倫夫側弁護士

 

原告本人に確認の上、決めたいと考えます

 

 

判決を希望するサレ妻

 

離婚を求めるが、何が何でも

 

『有責配偶者の烙印』

 

だけは回避したい原告代理人(不倫夫側弁護士

 

 

その結果、前回と同じ結末に・・

 

 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

不倫女『ギャフン』と言わせたい!

 

そんな方は ダウン ダウン ここへ

 

 

不倫夫『キャン』と言わせたい方も

 

アップ アップここへ

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

不貞夫の愚痴はここへダウン

  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

 

 

 

 

 

続きを読む>>不倫夫のプライド・有責配偶者の烙印から(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です