不倫カップルのバイアグラ使用率(別れさせ屋のデータ)

元記事:不倫カップルのバイアグラ使用率(別れさせ屋のデータ)

不倫カップルのバイアグラ使用率(別れさせ屋のデータ)
■ 不倫と性行為は重要ポイント
私が1999年~現在まで別れさせ屋を経営する中で、多くのデータを収集しています。
もう20年以上もデータがありますから…
時代変化、流行りも数字として読み取れます。
そんなデータから「バイアグラ」を見てみるとですね。
皆さんが思っている以上のデータがあるので紹介させて頂きます。

* 不倫中の男性40歳~50歳、彼女は24歳~28歳
男性は妻・子供が居て、彼女には彼氏が居るけど…上司と不倫中。
そのようなケースの場合。
約64%は勃起不全(バイアグラ・シアリス・レベトラ)を使用している、使用したことがある。
このように答えています。
彼女さんには内緒(知らない)が約43%なので、男性が内緒で服用している。
「頑張っている」不倫男性は意外と多いです。

さて、問題はですね。
なぜ不倫カップルが薬を使ってまで「起たせる」必要があるのか?
これは男性的な考えとして「彼氏に負けたくない」です。
勿論、現彼氏もそうです。
遡及して考えると、初めての彼氏・次の彼氏と”歴代彼氏と自分”を比較する。
思い出や情の部分では不倫なので勝てませんからね。
せめてもの…と考えるのが「性行為で満足させる」となるケースは多いですよ。

なので、電動グッス(小型・等身)を使うのも比較による劣等感の現れとなります。
この辺りを考えると彼女側は「追い掛けなくて良い」のです。
デート・会う約束も全ては女性都合で良いので、男性に合わせる接し方でOK!
言葉・態度で偉そうにしているけど、内面は「負けてる」と自覚してますからね。
焦らずドンと構えて良いと思います。

■ 性行為を目的とした不倫関係はダメ
既婚男性が会社の部下などを口説いて「彼女」とする場合。
離婚する意思がない….
離婚は難しい…と言っている時点で彼女には「愛人ですよ」と言ってます。
なので、結果的には性欲発散の関係であると認識しましょう。
言葉で好き・大切と言っても、その恋愛に将来がなければ….時間の無駄です。
Hは気持ちは乖離して「感覚」として気持ちが良いとこともあります。
勿論、気持ちとリンクして感覚が良くなるのがベストですよね。
しかし、不倫継続のケースでは、そこに依存して長期化していることもあり、
それらの性行為を繰り返すことでリスクを負うのは”女性の妊娠”です。
この事態になってから、彼氏が責任を取る?と言って、どう責任を取るのか…?
高い確率で手術、お金での話になっています。
出会った頃の会話・態度をずっと期待しても、裏切られるのは女性だと思います。
不倫で大切なのは「現実」ですからね。
期待して妄想ばかりを追い掛けても、時間を無駄にするのは未婚女性ですよ。

● 関連ブログ
「ご飯に行こう」って言葉の裏側(男性)
妻EDとは?
男性がムラムラする性癖を利用しましょう
口説きの反比例(投資と気持ち)
「画像ちょうだい」の理由

■ バイアグラ服用を女性はわかる?
「飲む」と告げられないと、わからない女性も居られると思います。
ただ…
身体的な変化として以下がありますので確認してみましょう。

・頭痛
・目が痛い
・火照る(顔や体が熱い)
・めまい
・いつもより硬い(伸びる)

個人差があるようですが、一般的にはこれらが出てくるようです。
また、「飲む」と告げてからの場合。
食事30分前の空腹時が良いそうですが、詳しくは病院にて確認ください。

続きを読む>>不倫カップルのバイアグラ使用率(別れさせ屋のデータ)(別れさせ屋の社長ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です