不倫の産物ってあるのかな?

元記事:不倫の産物ってあるのかな?
周囲を見回しても、噂話をしても、不倫は話題にのぼるが結末についてはあまり触れられない。
まして、めでたしめでたしにならない事が多い。持っている人は金の問題が立ちはだかる。

彼の妻は離婚することについて財産分割を怖れていたようだ。彼と別れたい気持ちはあった(調書のなかに不貞されても悔しくないと)が、ではなぜ離婚成立に時間がかかったか?夫婦の貯蓄、家財、不動産を全て貰うなら離婚に応じたいと明言してたから。
これは調停でも裁判でも認められなかった。
さらに、離婚の責任は私にあるので、私を裁判に呼び出したいということもあった。私に連絡が来る前に、彼の弁護士が遮った、過去の遡る関係を蒸し返す必要はないと。よって私は裁判の中で過去の女として処理された。

今、不倫→結婚を夢見ているカップルには、不倫すると200万~300万程度女性は請求されるのは覚悟した方がいい。もし取られたくなければ即弁護士をつけて、不倫した相手の男に支払わせるという方法がベストだ。これは全員がフェアになる方法。ただし、これで関係が冷え込む→別れとなることにも注意。

裁判長は女性で、今回は離婚したくないという流れが妻の望みなのか?と聞いたらしい。彼女サイドは慌てた『違う違う!持ってる車や預金、不動産を全て私の名義にしてほしいのだ。そして今後不動産管理維持のため、離婚後も毎月私に5万を請求する。本来は離婚はしたいのだ』(この彼女の心情を探り、望みは通らないと納得するまで1年以上かかった、多分納得は今もしていない筈。)
しかし、これは通らなかった。籍を抜いても、未成年の子供がいないならば、そこでおしまい。夫婦でもないのに、金銭援助してもらいたいと言うのはあり得ない。

もし彼女が貯蓄と不動産だけでまるっと手に出来たなら2700万は彼女のモノ。(貯蓄1500万、不動産1200万)。
通常の財産分割はお互い1350万。が、夫にくれてやるなら200万だけ!といわれて、揉めてきた。

結局のところ、私たちは妥当な分割なしに今暮らしています。それでも平気。協力して、少しづつお金が貯まればそれも楽しい。だから新婚さんのように安上がりの生活している。

では、彼女は?
悪徳弁護士に455万の報酬を支払いこれまでの家に住んでいる。土地のみの評価は700万足らず。ときが経てば1200万の不動産は今後さらに値崩れする。上物はゼロ円だ。築25年の家の維持費は今からかかるのだ。

調停で成立したら、金銭的にはもっと得だった。
彼女の退職まであと1年。
女性も法律、経済、に長けていないと時間だけで時間が過ぎ、結局裁判した分だけ、損をする。
調停で別れたら安上がりなのに、また、調停なら弁護士がいなくても、知識があれば、十分。弁護士に払う報酬も欲しい金額がgetできたらその分の15~20%となる。安い分与なら10%位。

今後、調停離婚をお考えのかた、専業主婦のかた、貰えるお金は預金次第でバラ色かも、或いは相手に敏腕弁護士が付いてたら貧しい暮らしとなるかも。

弁護士は伝手をつかって選ぶこと。

最後に不倫→結婚は難しい。余程のパワハラ妻がいたら別。
だけど、そこまでして手に入れたい唯一の男か?
ちょっと、暇なときに自問自答は有意義だ。

最後に、息子くんが夫に言ったそうです、
「母ちゃんがお金払ってる姿みたこと一度もないよな」
マネーホリックか守銭奴か?


続きを読む>>不倫の産物ってあるのかな?(おとなの恋愛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です