不倫から、本命になり、そして結婚できるケース

元記事:不倫から、本命になり、そして結婚できるケース

私のブログでは常々に「不倫はダメ」と記事にしています。

ですが…
不倫とは言え双方が”本気”になっているケースも少なくありません。
片側が遊びであれば「ダメ」は理解できますよね。
だけど双方が求めあっているけど叶わない関係ってどうするべきなのか?
この悩みで1年~3年も苦しんでいる方は全国に何万人と居られます。

例えば、離婚に対して「先のある不倫」なのか?
こちらは以下から検討可能です。

① 離婚する行動ができるのか
・別居
・離婚したいと告げる
・子供との別れ
・世間体

② 金銭的な都合
・婚姻費用
・養育費
・慰謝料
・ローン(自宅・車)など

③ 親類への説得・同意
・親への説得
・親権

④ 現実問題
・有責配偶者になっていないか?(浮気発覚)
・相手方の親から借金や資金援助がないか?
・離婚できる資金はあるのか?
・過去や家族と離れる覚悟はあるのか?
・健康面、親の体調や看護

これらの項目から、お互いが愛し合っていても…非現実的な恋愛のだったら?
時間の無駄なので別れる選択が良いと思います。
「無駄」
これは愛し合っているだけ過ぎていく時間がありますよね。
過ぎた時間は戻りません。
なので、不倫は多くのケースで”無駄な時間”として該当しています。

では、不倫から本命になるケースとは!
別れさせ屋を1999年から現在まで経営してきた経験談です。

① 不倫関係に期間を区切ってしている
② 資金がある
③ 住まいがある(実家、持ち家など)
④ 夫婦の共同財産がないor少ない
⑤ ④に親からの資金援助がない
⑥ 子供への愛情より、恋人を優先できる
⑦ 恋人とは性欲だけの繋がりではない
⑧ 計画的である
⑨ 決断力・行動力が人並み以上にある
⑩ 過去に不倫が発覚していない

これらの項目が多くあれば、それだけ不倫関係から本命になれています。
①は期間を決めずに…ズルズルは女性が遊ばれるだけ。
②は離婚するにはお金が必要です。
③は親権を得る側に家があったり、親からの資金補助、仕事(収入)があれば最善。
住む家がないと…離婚したいけど離婚できない。
妻の実家が遠方にあり、子供を転向させたくないとなれば?
必然的に離婚は遠のきます。

⑧のケースでは、無計画な男性あれば…
何の前触れもなく「好きな女性がいるから離婚してくれ」と言ってしまう。
これで「わかりました」と言う可能性は低いですからね。
愛人が居ると分かれば、嫉妬・いやがらせ的にりこんに応じません。
また、浮気相手を家に呼んで事情聴取をしたらどうなります?
浮気(不貞行為)の経緯を録音されて、その時点で夫は有責配偶者です。
1年間に10名前後の方は、同様の流れから「別れたい」と相談に来られています。
 

● 彼女が妊娠したら、彼は離婚を決める?
浮気相手となる女性が誤解しているケースは多いですね。
不倫関係にあり、彼(夫)と妻には子供が居ない。
(実際には居るケースもある)
なので、彼女は「自分が妊娠したら離婚できる」と考えてしまう方です。
そもそも妻に隠して不倫できる人。
これが現実なので、妊娠を知って「そうか離婚するよ」と言う方は少ないですよ。
多くは焦って手術してほしい。と言ってきます。
産むにしても認知しない・できない。
こんな事が平気でできるので、妻を裏切って浮気しているのだと思います。
理想は、望む側が勝手にしていること。
現実は、理想通りとは限りません。
よって不倫関係において「妊娠」を解決の糸口にすることは正しくないです。

続きを読む>>不倫から、本命になり、そして結婚できるケース(別れさせ屋の社長ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です