一旦コロナで変わった日常観を、普通に戻すことは出来るのか?

元記事:一旦コロナで変わった日常観を、普通に戻すことは出来るのか?

この土日は「アベンジャーズ」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝」を映画館で観てきました。

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)

  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: Prime Video
 

どちらもとっくに円盤も出ているものだけど、映画館で観られて良かった〜。

 

も映画館自体はかなり閑散としていて、多分営業開始したと行っても却って赤字なのでは?…と心配になるくらい…

しかも、私が観たのはどちらも特別価格、1,100円と1,200円でした。

でも映画館周辺は結構人が多くて、カップルや子連れが飲食店などにはいっぱい。

電車も結構混んでいて、皆んな一体今何を求めて外出しているのか、私にはちょっとよく分かりません。

映画好きの友人も「映画館自体は感染確率低いと思うけど、電車に乗って映画館に行くのがまだ怖い」と言っていて、でもそういう人はそもそも映画館周辺に来て食事していないはずだから…単に上映内容の問題なの?

 

特に今日行った木場の映画館はイトーヨーカドーの中にあったので、ちびっこ連れの家族がたくさん来ていました。

そういう家族向けの映画は、今はやってないから仕方ない。

でもカップルも結構電車内には多かったんだけどなぁ。

あ、カップル向けの映画がリバイバルしていないってことなのかしら…

他にも「AKIRA」やアベンジャーズ2も観たいので、来週末も映画館に行けたら行こうと思ってます。

 

映画館帰りに銀座線に乗ったら、久々に全員が座れないくらい混んでいる電車、というのを見ました。

満員電車は長らく見ていないけど、でも商店街はお祭り状態に混んでたかな。

緊急事態宣言中も商店街は人がそこそこいたけど、その頃の倍くらいに外出する人は確かに増えています。

私はずーっと割と出歩いていたから、出歩くこと自体にアレコレ言えないけど…

でも何で、「皆んなが行っている場所」に集中して出掛けているの?というのは、ちょっと謎ですね…

一人でフラフラ出歩く私と、カップルや家族連れは目的意識がずいぶんと違うんでしょう。

 

「アベンジャーズ」では大勢がパーティーに参加しているシーンがあったり、皆んなが顔を寄せて話し合うシーンがあり、そしてもちろん全員がマスクなんかしていないくて、今見るとかえって不思議な気持ちになってしまいました。

アメリカの街並みが映っても、「ああ、今はこんなに人がたくさん歩いていないんだろうな…」なんて思ってしまったり…

今はドラマのキスシーンでさえ「濃厚接触!」と思ってしまいそう。

とてもじゃないけど、婚活パーティーなんかも難しそう。

オンライン婚活とかも話題になっていたけど、なんだかそれもねぇ…

 

ところで映画を観に行く時、上映館がどうしても限られてしまうため、いくつか悩んで行くのを止めた場所があります。

それは、元彼と行ったことのある映画館でした。

元彼とは何か所かの映画館に行っていて、内1つはもう普通に行くことにしています。

あれから何年も経ってるのに、いつまでも気にしていられないよ…

そうは思うのですが、やっぱり気が重いかな…

ブログ友達のずずずさんが横浜の案内を最近されていますが、中には元彼と行った場所も出ていて、懐かしいような、ちょっと思考が止まるような気持ちで写真を見ていました。

 

こんな風に、一旦コロナ禍で染み付いてしまった価値観を、元の状態に戻していくのは、なかなか時間がかかりそうな気がします。

でも、震災の時のように、ふと気付いたら意識しなくなることもあるかもしれないけど。

それでも今も、津波とか放射能のことを完全には忘れられていないし、そういう心に残る傷跡みたいなものを、皆んなそれぞれ持っている気がします。

新しい記憶で塗り替えていかないと、なかなか忘れられないのかな。

コロナによる影響は、震災のときより期間も長く、世界的なものなので、今後どうなっていくのか読めない部分はあります。

それでも、自分自身が働けている内は、私は普通に暮らし続けたい。

 

一時期は人がかなり減っていた岩盤浴も、かなり密集し始めてきています。

映画館はまだ、元に戻るのにもう少し時間がかかるだけのこと、なのかしら。

まぁ元々、邦画は公開初日でも数人しか観客いない、なんてのもあるあるだったし、そこまで今は非常事態ってほどじゃないのかも?

新作が公開されたら、席数が減らされている分、チケットが取りづらくなるかもしれません。

 

と、こんな風に私はずっとブログに今の状況を書き残していますが、先日オンライン飲み会をしていた時、他の人は2月、3月の日本や海外の状況がどうだったか、をもうほとんど覚えていなかったり、時系列が曖昧になっていることが分かりました。

「2月ってまだみんな普通に出掛けてたよね?」と言われたので

「いや、2月中旬頃からコンサートや舞台の中止が発表になってたんですよ。

で、3月の3連休あたりに緩んで、皆んなが花見に行ったりして…

その後オリンピック中止が発表になり、都内の感染者も急増したじゃないですか」

と話すと「あーそんなこともあったねー。ってことは、もう3ヶ月以上自粛生活してるんだ!?」状態。

こんな風に人の記憶が曖昧になってしまっているのも、混乱した状況だったから、なんでしょう。

あと、話してた人らは家庭持ちなので、私よりも日々色々あって、記憶が薄れるのが早いのかも。

やっと冷静になってきて、徐々に数ヶ月かけて、これから日常を取り戻せるのかしら…

ま、数カ月後には秋がやってくるので、私はそこでまたコロナの感染者が増えるだろうと思ってますが。

そんな状況だもの、当分出会いも無いし、恋をする機会が来るとは思えないわ…

そんな中でも、映画を観て笑って泣いて、良い週末を過ごすことが出来た、と思います。

人の集団を見たら「感染、怖い」と思わない日が、早く戻ってくるといいですね…

じゃないと、心からエンタメが楽しめないもの…

続きを読む>>一旦コロナで変わった日常観を、普通に戻すことは出来るのか?(復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です