バレたくないから必死なんです。|粘着質はだ〜れだ。

元記事:バレたくないから必死なんです。|粘着質はだ〜れだ。

夫を疑い、調査をしようとするサレ妻にとって

不安を煽る結果になり得る

『夫婦崩壊』へと誘うカウンセラー

『夫婦破綻』へと誘う弁護士への相談を

決して無駄とは言わない。

 

ただ、経験上、今、果たして必要なのか・・

 

前記事はここをクリック

 

不貞夫が、重箱の隅をつつくのは、

バレたら自分の立場が危うくなるから。

 

サレ妻から不貞夫に向けられた、

疑惑の矛先をどうやって躱そうかと必死に

考えた上での言動・行動。

 

不貞夫がもしも、離婚を望んでいるとしても

それが簡単には進まない事は、不貞夫自身も

理解している事。

 

ならば、発想を少し変えてみては?

 

 

『夫婦崩壊』・『夫婦破綻』へと誘う

カウンセラー・弁護士を自らが活用し・利用

する。

 

流されるまま、カウンセラー・弁護士の話を

受け入れるのではなく、サレ妻に主導権が

ある事を自身で周知していますか?

 

不貞夫の『不貞の事実を握らず』に、

将来への不安を募らせ、向かった先が

『夫婦崩壊』へと誘うカウンセラー。

 

不安と疑惑だけで『不貞の事実を握らず』

カウンセラーの元へ向かった結果が、

『夫婦崩壊』だったとは気づかない。

 

『不貞の事実』をどう自分の夫婦関係の

改善・修復の為に活用するのか。

 

囲い込みをするカウンセラーの多くは、

その実態があまりにも稚拙で中身がない事を

『バレたくないから必死なんです』

 

残念ながら、『不貞の事実』をサレ妻の為に

どう生かすかなどと考える知恵が無い。

 

故にサレ妻・不貞夫の根本的な意識の改善を

促そうとする。

 

不貞夫が不法行為である『不貞の事実』

行った事が、誰の目にも明らかで、かつ、

どんな状況になっても、打ち消すことが

できないならば、それは

『紛れもない真実』でしかない

のです。

 

その『紛れもない真実』を

『変える事の出来ない事実』

変えてこそ、サレ妻が不貞夫に対抗できる

唯一の手段。

 

 

悲しい事にカウンセラーには、

『変える事の出来ない事実』に辿り着いた

サレ妻には、カウンセリングの必要など

ありません。

 

無論、不貞夫もどんなに頑張っても、

どんな手を講じても、自分の要求を

通すことができないのです。

 

カウンセラーは、

『変える事の出来ない事実』の存在と

『自らの稚拙な実態』を知られたくない。

 

『バレたくないから必死なんです』ね。

 

 

 

 

ジグス流とは、サレ妻がやられっぱなしで

済ませない事。

不貞夫に好き勝手をさせないのが、ジグス流。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

もちろん、マニュアルもなければ、

その方法は千差万別。

だって、全く同じ夫婦環境なんてあり得ない。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題の修復相談

不倫相手をギャフンとさせるなら

実績重視の個別相談(相談限定・愚痴は不可)

 

ここ↓↓(カウンセリング無料)                    

ジグス.サポート3

ここ↑↑(毒舌ですが・・)

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

悪質だと思える夫婦修復などを

名乗るカウンセラーへの情報提供なども

こちらを参照↓↓↓

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

 

 

*ひぇ~怖っと思った方は

 こちらにポチっと 下矢印

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 左矢印  左矢印

続きを読む>>バレたくないから必死なんです。|粘着質はだ〜れだ。(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です