ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-459 あえて死を避けた

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-459 あえて死を避けた

 自分が世界で

 初めて作って

 御堂で実験してきた

 ゲームだ。
 御堂は負け知らずで、

 騎士が

 死んだことがないのだ。

 死んだ場合の

 実験をしなかった。
 本当の本音を言えば、

 理論上と実際には

 ゲーム内で色々

 剥離があったので、
 あえて死んでみるという

 危険を

 わざわざ冒す気に

 堂島も御堂も

 なれなかった。

 頭の隅に死を

 意識しながら
 きっと死なないだろう、

 セキュリティーで

 最悪になる前に

 救出できるだろう。
 そう考えていたが、

 まひろ救出を

 優先して考えたら

 そうもいっていられない。

 抑揚のない

 女の子の声で

 読み上げられる

 データが危険な

 水準から少し戻すと

 堂島はもう少し

 待ってみようか悩む。
「しかし…

 98%は危険な数字だ。

 数秒の差で一気に

 100%に達してしまう。」
 もしゲーム世界で

 騎士が死んだら

 どうなるのか、
 机上の空論と

 現実の差…

 脳と精神を

 分離した状態で

 衝撃を受ければ
 騎士の脳か心臓に

 ダメージを受けて、

 死ぬかもしれない。
 まひろを助けたい。

 しかし志を共有した

 盟友・御堂を

 失うわけにもいかない。
 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-459 あえて死を避けた(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です