ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-452 予想外の苦戦

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-452 予想外の苦戦

 殴られて一旦

 離れた御堂は

 どんどん

 再生能力が

 強くなってきた敵に

 呻く。
「難敵だ。

 大きな衝撃を

 裕也と同時に

 与えないと

 あいつの再生能力に

 敵わないな。」
 ハンマーの男も

 青い鎧と白銀の鎧が

 邪魔で仕方ない。

 惚れた女がすぐ

 そこにいる。
 この二匹を

 どうにかしないと

 女を抱けない。
 雄たけびを上げながら

 ハンマーの男は

 飛び掛かる御堂を

 片手で捕まえ、
 もう片手で裕也を

 捕まえ、

 両腕に二人の

 騎士を捕まえたまま

 全身を回転させた。
「わあああああああああああ!!」
 回転の遠心力で

 圧迫されて

 抵抗できない

 騎士たちを持ったまま

 ハンマーの男は

 上空高く
 回りながら上がっていく。
 回転はどんどん

 早まり

 ハンマーの男と

 一緒に回転する

 裕也たちは

 一個の物体の様に
 唸りを上げて

 上空に上った。
 かなり上に

 上がっていくのを

 一成とまひろは

 恐ろしげに見ている。
「御堂さんがこんなに

 苦戦するなんて

 僕は…

 予想していなかった。」

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-452 予想外の苦戦(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です