ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-438 有利な展開

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-438 有利な展開

 ダークエネミー

 レベル6が落ちた

 黒い海は沸騰し

 水蒸気が湧きたった。
 しかし落ちた

 黒い海からすぐに

 ハンマーの男は

 ザバッと

 飛び出してくる。
 命中の手ごたえは

 あったが、

 前回より大きくなった

 敵は衝撃にも

 耐性が強化している。
「やっぱり一回じゃ

 効かないんだ。」
 予想はしていたので

 裕也も御堂も

 この作戦を

 連続でやって

 前回よりもタフになった

 ハンマーの男の

 精神力を削いで

 弱らせる気だ。
 だから敵が出て

 くるのを待っていた

 裕也が2回目の

 光弾を放つ。
 混沌の海から

 飛び出て周囲を見る

 間もなく

 光弾が命中し

 ハンマーの男は

 無防備で直撃し
 ドンドンドンっという

 エネルギーが響く

 音とともに再度

 海に沈んだ。
 裕也は戻ってきた

 剣を手に掴むと

 三回目の

 攻撃のために少し

 場所を変えて旋回し、
 ハンマーの男の

 スキを狙って

 剣を放つ格好で

 構えて待つ。
 御堂も裕也の光弾が

 当たるように敵を

 誘導しようと
 混沌の海から

 敵の上昇を

 見つけるとすぐに

 攻撃をしかけ、

 敵の視界を邪魔して

 スキを作った。
 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

昨日はお休みしてごめんなさい。

また来てくれてありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-438 有利な展開(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です