ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-422 幻想体の構成

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-422 幻想体の構成

 堂島は今日は

 僅かでも間違いが

 起きないように

 PCの画面に映る

 プログラム言語を
 みつめ、

 5つのAIが報告する

 データを真剣な顔で

 聞いた。
「レベル6、

 ハンマーの男の

 幻影体の構成25%。

 30%。35%。
 構成までもうしばらく

 お待ちください。」
「プレイヤーのゲームを

 開始します。」

 ゴーグルの中央が

 青く光り、3台の

 リクライニングチェアで

 ほぼ真横になった

 裕也、御堂、
 一成の3人の顔を

 覆うゴーグルの中で

 青い光が素早く

 左右に動き出した。

 目を閉じた

 御堂・裕也・一成の

 目の前に光が

 出現し向かってくる

 ように広がる。

 その広がりが

 何度も繰り返している

 間に精神が

 ゲームのデータに

 変換されていくのだ。

 ほぼ同時に

 まひろヒヨピーを

 覆うように置かれた

 ゴーグルも青く光る。 

 そして

 まひろヒヨピーの中の

 白い世界が

 青い光に包まれる。
「怖い。

 でもわたしも

 頑張らなきゃ。」
 まひろは目を閉じ

 両手を祈るように

 組んだ。

 しかし

 目を閉じたはずだが、

 まひろの目の前に
 光が放射状に広がる。
 裕也は鎧の装着と

 光のシャワーから

 ソウルブレイドに

 入る手順を知っている。
 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-422 幻想体の構成(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です