ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-370 対立する青い幻影

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-370 対立する青い幻影

 ソウルブレイドが

 人間をモンスター化

 させると理論では

 分かっていたが
 こうして生きた実物と

 幻影体を照らし

 合わせたのは

 初めてなので

 御堂も軽く驚いた。

 凶器を二つも

 持って暴れている

 異常者に対し

 御堂は素早く後ろに

 逃げて

 男を引き付け

 意識を御堂だけに

 向けさせようと

 壊れたイスを

 男に放った。

 放られたイスを

 避けたが肩に

 かすったので
 男は怒りで頭に

 血が上った。
「この野郎!!邪魔するな!」
 男の注意を向けたが

 できればもう一個

 イスを持ちたい御堂だが

 今うかつに動くと
 せっかく裕也から

 目を離した異常者が

 再び裕也とまひろを

 狙いそうで躊躇っている。
 男は御堂を振り返り

 標的を変えた。
「てめえ…。」
 実物の殺人者の目は

 残忍だ。

 男は夢の中の

 青い色がぼうっと

 頭に浮かび、

 嫌な奴だと感じた。
 御堂は裕也と違って

 怯えていなかった。

 憎むべき敵に

 あったかのように

 恐れるよりも
 攻撃心むき出しの 

 鋭い目で睨んだ。
 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-370 対立する青い幻影(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です