ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-273 肉体と魂を断ち切る

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-273 肉体と魂を断ち切る

「処刑って…

 まひろと同じように

 昏睡状態に

 なったって事ですか?」
 裕也は声が掠れて

 小さくしか

 出せなかった。
 御堂は裕也に

 体を向けて

 良く聞こえるように

 はっきり言った。
「違う。

 俺の刀で止めを刺した。

 この世界で

 正義の魂だけが

 奴らを倒せる。
 セントラルシステムで

 データ化された

 精神と本来の肉体を
 切り離せるのは

 正義の魂を

 エネルギー化した

 ソウルブレイドだけだ。
 エネルギーの刀で

 倒された敵は

 肉体との絆を

 断ち切られる。」
「あのひとの…。」
 肉体と精神が

 断ち切られたら

 どうなるんですか?

 …裕也は心の中で

 尋ね、御堂はその

 問いに答えた。
「魂と断ち切られた肉体の

 心臓は停止する。」
 心臓の停止…

 それは死んだって

 ことだろうか?

 つまりソウルブレイドは

 相手を殺す
 アイテム…?

 処刑とはそのままの意味?
 人を殺した?

 ぼくがころした…?
 
 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-273 肉体と魂を断ち切る(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です