ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-272 重くなる

元記事:ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-272 重くなる

「ぼくは全然強くない。

 さっきだって

 何もできなかった。
 全部御堂さんが

 やってくれたんです。

 あの人も

 ぼくが弱いと思って

 ぼくを狙ってた。
 …さっきの人は

 どうなったんですか?
 ぼくは昨夜

 装置であの人を

 探しに行って

 ぼくに驚いて

 逃げていくのを

 見ました。
 あの人は

 女の人を狙ってたけど、

 人に見られて

 理性を取り戻したんだと

 思いました。」
 御堂は首を振った。
「いや、

 レベル4は

 殺人者直前だ。

 だからこの罠に

 掛かった。
 お前が奴を

 止めたから被害者が

 出ないで済んだ。
 今奴を処刑したから

 もう被害者は出ない。」
 さっきの人を処刑した…

 裕也の心は

 ショックで弱くなってきた。
 ハンマーの男との

 戦いに備えての

 訓練で何回も

 攻撃してしまった。
 ぼくがあの人を処刑した…?

 自分の良心が

 裕也を責め始めると

 酷く鎧が重く感じてきた。
 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

 

続きを読む>>ソウルブレイド・サラリーマンナイト3-272 重くなる(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です