サレ妻の思惑は・・|カスタマイズされた夫婦修復方法、特殊事例

元記事:サレ妻の思惑は・・|カスタマイズされた夫婦修復方法、特殊事例

聞かされた事情に、困惑する男性。

『オタクは?』と聞かれても答えるのも・・

前記事はここ↓をクリック

 

不貞相手の家族らしい男性は、事情を

知らない。

 

後で聞いたが、警察署での事も想定内?

ここでの事例を参考にしたサレ妻。

 

残る役者は、不貞夫一人。

 

サレ妻の目的は、

 

不貞相手の家族の前で、不貞関係を明らかに

し、不貞相手にもその事実を認めさせ、

さらにその家族にも知らしめ、同時に

不貞夫自らに認めさせた上で、関係を

断ち切ること。

 

その為には不貞相手の家族の中で、世間体を

気にし、およそ、警察に無縁な存在の家族

 

リスクは高いが、

『造反者』・裏切った主犯格が不貞夫、

その誘導根回し役が不貞相手。

 

前職にでも知れ渡れば、その業界でその噂も

広がる今回の造反は、業界では当たり前だが

その手法があまりにも酷い。

 

前職の事務所のクライアントを1/3を

移動させ、売り上げの2/3、そして人員は

引き抜いて以外に退職した者もいた為

1/4までに人員は減り、機能していない

事務所。

 

やがて、不貞夫が現れた、すると、

不貞相手の家族らしい男性は、

 

『お前か、うちの妹を誘惑して、

 前の事務所を退職させたのは!』

 

不貞夫が弁明しようとしても、聴こうとも

しない。

 

『引き抜きを画策して、その加担をさせて

 いないなら、前職の所長に連絡する。

 こいつは俺のコネであそこに就職して

 いるんだぞ。』

 

『所長をご存知で・・』

 

『大学の先輩だ、同じゼミのな。

 どんな目的で妹を引き込んだかは

 知らんが、私の顔にも泥を塗ったのは

 確かだ。

 

『それは、純粋に妹さんを・・』

 

『そうかね?

 その言葉を信用できる者がいるかね?

 ここにはいないね、私もその一人だ』

 

警察署内での会話の為、

近くのホテルのラウンジで続きを話す

ことになった。

 

不貞相手も不貞夫も、平成を装っているが

内心はハラハラの様子、お互いに目を

合わす事もない。

 

通報した件については、不問とされ、

サレ妻も含めて、解放された。

 

胡散臭い探偵も・・・

 

 

 

 

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

不貞夫に好き勝手をさせない、ジグス流。

夫婦問題を研究し続ける、夫婦問題LaBo。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦修復の相談、

話を聞くだけのカウンセラーに何ができる?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

もつれた夫婦関係は千差万別。

個別相談はここを↓クリック

相談料は、無料(口は悪いけど)

LINE@2−2   

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 こちらもポチっと 下矢印

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 左矢印  左矢印

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

“お待たせしました”

LINE(旦那)  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

男女問題研究家を特別顧問とする

社団法人日本心理学アカデミーの資格も

保有、加えて ダウン ダウン

 

 

続きを読む>>サレ妻の思惑は・・|カスタマイズされた夫婦修復方法、特殊事例(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です