サレ妻の復讐宣言の結末

元記事:サレ妻の復讐宣言の結末

収入面での自立、生活に支障のない状態まで

自身のスキルを持ち上げる事に成功している

サレ妻の復讐宣言。

前記事はここ↓をクリック

サレ妻が起こした行動は、

『共有時間の折半』家事から育児に

至るまで全てに関わる時間を半分にした事。

 

『不倫は、私が居るからこそできる』

を実践化する事だった。

 

翌日から始まった共同生活。

 

食事も不貞夫の分は、その日に使用する

材料のみを冷蔵庫へ。

 

子供の食事・着替え・送り迎えなども

週の半分のみをサレ妻が行い、残りは

不貞夫に押し付けた。

 

既に離婚不受理届けを提出している旨を

通達し、不貞の証拠を抑えていることも

その実態も不貞夫には公開している。

 

秘匿せずに全てを公開し、不貞夫で

あっても行使できる権利、家裁などの

申し立てには、有責配偶者であることを

冒頭から告知すること、その上で、仮に

調停の申し立てをするならば、まず、

有責配偶者であることを、認定させる

ことが前提であると通告した。

 

『俺にだって、主張する権利がある』

その主張は、今の夫婦関係を受け止めて

からの話。

 

貴方が自由に使った時間を私は、

同じように使わせてもらう。

 

1年後、不貞夫は『有責配偶者』として

離婚請求を棄却、不貞相手から密会する

時間もなく、疎遠となり、関係が解消。

 

不貞夫の生活は、1日おきに変わる。

 

子供の弁当作りに朝、5時起き。

出勤までに洗濯をしようにも、手慣れた

サレ妻が使用している間は、使用不能。

 

いかなる用事があっても変更は不可。

 

不貞夫が前日、発熱しても、子供が

家事日に体調を崩せば、救急病院へ

連れて行く。

 

『子供を蔑ろにして、母親として

 恥ずかしくないのか?』

 

貴方がしていることを私はしているだけ。

 

分担された育児が子育ては私の責務。

 

私は自分の責務をきちんとこなしている。

 

貴方と折半した時間を有意義に使用して

いるわ。

 

 

『共有時間の折半』は子供への

悪影響はあったのか?

 

子供にとって、これまでとは違う父親像を

目の当たりにすることは、新鮮なこと。

さらには、父親が自分の為に時間を使って

いる事で、驚きを示すようになった。

もちろん、サレ妻からのいい含めは

あるのだが。

 

『共有時間の折半』という生活は、

調停中も含め、7年間続いた。

 

有責配偶者でありながら、不貞をする

環境ができない元不貞夫。

 

そして、7年経った今、不貞を許す事

なく離婚も請求しないサレ妻。

 

このコロナ禍、下の子が義務教育を

卒業する。

 

サレ妻は、離婚を不貞夫に申し出た。

サレ妻にとって、不貞に苦しんだ5年間。

復讐宣言をした7年間。

良かった期間の結婚生活を含め、20年間に

ピリオドを打つつもりである。

 

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

不貞夫に好き勝手をさせない、ジグス流。

夫婦問題を研究し続ける、夫婦問題LaBo。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦修復の相談、

話を聞くだけのカウンセラーに何ができる?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

もつれた夫婦関係は千差万別。

個別相談はここを↓クリック

@バーナー  

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 こちらもポチっと 下矢印

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 左矢印  左矢印

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

“お待たせしました”

LINE(旦那)  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ホームページは、ここ↓作成中

ロゴ2

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

 

続きを読む>>サレ妻の復讐宣言の結末(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です