サレ妻が描く夫婦修復とバレたら譲れない不倫夫

元記事:サレ妻が描く夫婦修復とバレたら譲れない不倫夫

不倫されて、

 

前と同じ状態には戻れない

 

わかっているのに前と同じ状態に!

 

無理だとわかっているけど・・戻りたい

 

 

相談時のサレ妻の殆どが、思う事

 

 

 

どれほどの時間、我慢を重ね、

 

不倫夫の暴言に耐え続ける事ができるか

 

不倫夫は、不倫が発覚し開き直り、

 

円満調停から離婚調停と全てを弁護士に

 

委任するパターン

 

 

サレ妻によっては、

 

不倫夫の弁護士の迫力と理性のある対応に

 

抵抗できず、ズルズルと離婚への道を辿る

 

 

 

または、事前にその覚悟を持ち、

 

サレ妻も弁護士で対応する

 

そこには法律という壁にあたる

 

『夫婦破綻主義』という考え方がある

 

弁護士同士の話し合いでは、

 

『既に夫婦は破綻しているので、相手の

 

 条件提示のいいところで離婚すべきと』

 

勧められ、

 

一体、

私の『離婚したくない』

 

という意見は

 

どこに行ったんだろうと思い悩む

 

 

勿論、

 

中には、弁護士を調停でも委任せず、

 

私は、

 

不倫夫好きに絶対させない!

 

不倫夫の弁護士相手に孤軍奮闘するサレ妻

 

 

調停が進むにつれて、サレ妻の主張に

 

同調するが離婚を勧める調停員

 

 

不倫夫の弁護士の知識を活かした

 

威圧的な要求に翻弄される

 

 

 

さらに、裁判官からも『和解案』と称し

 

離婚を勧められ、それでも拒否すると

 

再び、検討するようにと半ば強制的に

 

勧告される

 

 

申立人(不倫夫)に弁護士がいると

 

何度か裁判官からも善意なのか離婚を

 

検討するように勧められ、日時の経過が

 

サレ妻のメンタルを追い込んで行く

 

 

 

離婚調停と婚姻費用分担請求が

 

併合されて勧められている場合は最悪だ

 

 

離婚が成立すれば、扶養の義務が無い

 

 

つまり、サレ妻にとっては、婚姻費用は

 

逼迫している生活費の問題

 

裁判官や相手側の弁護士とっては、単なる

 

争議の一つでしかない

 

 

 

兵糧攻めを裁判官や相手側の弁護士が、

 

周知で併合しているようにも解釈できる

 

 

自身の将来を決める離婚と『明日の食事』

 

同じ扱い、サレ妻の逼迫した環境に

 

配慮することなどない

 

離婚に同意しても、すぐにその状況が

 

改善するわけでもない

 

 

その現実に晒されながらも、サレ妻

 

頑なに離婚を拒否 !

 

 

 

 

 

さてどうする?

 

サレ妻・・・

 

 

 

 

 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

不倫相手『ギャフン』と言わせたい!

 

・実績重視の調査会社を紹介

・夫婦修復を望んでいる方も

・この調査報告書、大丈夫?

 

そんな方は ここへ ダウン ダウン 

 

 

不倫夫『キャン』と言わせたなら

ここへ聞けば、活路が見つかるアップアップ

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

不貞夫の愚痴を吐きたい!

そんなストレスはこちらでダウン

  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

 

続きを読む>>サレ妻が描く夫婦修復とバレたら譲れない不倫夫(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です