オレと奥さんとあたしと諸事情(最新2018/04/01追記)

元記事:オレと奥さんとあたしと諸事情(最新2018/04/01追記)
┼┼╋┼┼ オレとあたし ┼┼╋┼┼
プロフィールにも、少し書いてあるけど。

オレとの出逢いは2008年の始め。
1年と少し付き合って2009年春に離れた。

あたしから離れたにもかかわらず、完全には離れられなかった。
2009年秋にチビを生んでからは、オレの事をよく思い出してた。

でも、お互い頑張って?逢わないようにしていた。

あたしが数年振りにIT系の会社に就職して…
忙しく、人間関係にも悩み、どうしようも無くなっていた頃…
オレもいろいろ有ったらしく、疲れているとメールをもらった…
散々迷った挙げ句、逢う約束を。

その辺りのやり取りで、あたしに子供が居る事がバレて…
子連れで、昼間の公園で再会した。

それからは頻繁に連絡を取り、数ヵ月後には二人で逢った。
そうなったら、止まる訳もなく…現在に至る。

2016年3月に次男君が小学校を卒業するから、それは『絶対に見届けたい』と。

2016年4月
オレから『あたしとの別れ』を決めたと、告げられた。
最初は、拒否するも…2度目は受け入れようとした。

でも、『あたしが何をしでかすか判らないから、思いとどまる』と、別れなかった。

2016年5月
付き合いは、続いている。

2016年7月
『あと1年半待って』と言われた。

長男君が高校卒業するから…と。
この調子で、あたしはあと何年待つのかな。

2016年8月
オレとちびとあたし、三人で初めてのお泊り旅行。
楽しかったね。
連れて行ってくれて、ありがとう。

2018年3月
長男君の高校卒業。
変化は何もなし。
こんなものだよね。

2018年4月
付き合い方が変わるのは、必然。
この先どうなるのかは、誰にもわからない。

┼┼╋┼┼ オレと奥さん ┼┼╋┼┼
オレと奥さんは同じ歳。
オレが必死に口説き落として、付き合い、結婚。
奥さんは子供を相手にする仕事をし、二人の子供の母親。
そして、とてもオレに大切にされている奥さんだった。
声は聞いた事あるから解る、とても可愛い声だった。
オレのラップトップの画像で、チラッと見たくらいだけど…綺麗な人だった。

ただ、残念な事…
オレと奥さんはセックスレスらしい。
奥さんが拒否る方。
奥さんは、女から…家族になってしまったんだね。
っていうか、最初の拒否は初夜って…やりますね。

オレとあたしの逢瀬で、かなり?苦しいみたい。
でもあたしには、よく解らない。
だって、報いでしょ?(あたし辛辣過ぎる?)
『SEXしてくれないなら、浮気する』って言ったオレに対して『できるなら、どうぞ』的なことを言ったんですよね?(本当か真偽は、不明。オレの言い分しか聞いていないから。)

で…あなたが、しないことを…あたしが引き受けてます。

奥さんは、時々?夜オレの寝室に来るとのこと。
淋しいから?
SEXしたら、オレが自分の所へ帰ってくるから?
理由は、あたしには解らない。

2016年4月
オレがあたしとの別れを決意したとき
奥さんにキスをして
奥さんの胸を触り
奥さんとSEXしようとした…と。

今なら、何でも言うこと聞いてくれるんじゃないかな?って思う。
今なら…ね。
きっと別れたくなくて必死だと、思うから。
オレのこと、今でも大好きだそうだから、結婚当初から変わらない気持ちなんだそうですから。

┼┼╋┼┼ 奥さんとあたし ┼┼╋┼┼
2008年に、オレと付き合っていた時に数回、声を聞いた。

そしてオレが家族を選び、あたしと別れると決めた時。
あたしは、奥さんに『もう、逢いません』と告げた。
奥さんは一言、二言だったけど、やっぱり可愛い声だった。

でも、数ヵ月であたしは約束を破った。

奥さんは、オレから女の影を感じなくなると…
また、家族に戻ってしまったから。
人は『喉元過ぎれば熱さ忘れる』危機感ないんだねって、思ってしまった。

オレが淋しくなるのは、必然で。
あたしは、我慢できなかった。

ちなみに…奥さんは、あたしには会いたくないそうだ。
あたしは、聞いてみたいことあるのにな…。
いろいろ、不倫相手だって正妻に言いたいことの一つや二つ、あるんです。

わたしとは、正反対の道を歩いてきた貴女に。
可愛くて、優しい貴女に。
わたしでは、勝てないんです。
貴女には。

この悔しさが、解りますか?
貴女の旦那様は、貴女と家族を…今でも、大事にしてます。
心配しなくて良いです。
今でも、オレは貴女の家族、貴女の旦那様であろうとしてるんですから。

┼┼╋┼┼ オレとチビ ┼┼╋┼┼
あたしは、チビがオレの子供だと言えない。
オレは、自分の子供だと思うと言う。
2015年の夏、DNA鑑定をした。
それは…オレの子供と証明する事が目的ではなく、否定する事が目的。

でもね結果、オレは『生物学上の父親』とのことだった。

オレは、奥さんにあたしとの子供が居ると話している。
奥さん的には、あたしが勝手に産んだのだから、オレには関係ないでしょ…と。

オレが奥さんに結果を話すと、奥さんは『認知しないで、子供達には話さないで』と。
まぁ…そう言うよね。

2016年4月
あたしは、オレにチビの認知をしてもらおうと決めた。
一緒になろうって言われて、本当にそうなるなら認知は、その時で良いって考えてたけど…
いつになるのか、判らなくなってきたから。

2016年5月
弁護士の所へ相談に行く。
正式に養育費の話は、していない。
会話にはでたけど、払って欲しいとは言わなかった。
払ってくれるとは言ったけど、頂いていない。

2016年12月
認知届提出&受理

ん…取り敢えず、こんな感じ?

この記事を先に読んで頂ければ、この関係性と現状とあたしの頭の中や人間性が何となく…解って頂けるかと。

続きを読む>>オレと奥さんとあたしと諸事情(最新2018/04/01追記)(チャンスの神様は前髪しかない。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です