たんぽぽー8 あの人に迷惑をかけたくない

元記事:たんぽぽー8 あの人に迷惑をかけたくない

 順が

 なんか前向きになった、

 と思って

 ももの声が弾んだ。
「いいよ!

 一緒に東京に帰る?

 ついて行ってあげるよ!」
 アイドルと一緒に

 上京できたら

 気分がよさそうだと

 わくわくした顔のももだ。
 でも順は頭を

 左右に振った。
「ぼくが戻ったら

 あの人に迷惑をかけるから

 帰らない。」
「あの人?あの人って誰?

 ねえねえ、誰?誰?」
「言えない。」
 ももはトラブルに

 関わる人間関係に

 興味津々だ。
 ももは順が次に何を

 言うかじっと

 待っていたが、

 順は何もしゃべらない。

 でも、

 山奥での暮らしに
 飽きているようだと

 ももは考えた。
「東京じゃなくて

 近場の街に行こうか。」
 順は頭を振った。

 ももは説得を試みる。
「変装すればいいよ。

 あたしお兄ちゃんと

 弟がいるから、

 あいつらの服借りてくる。
 帽子とサングラスで

 誤魔化して

 遊びに行こうよ。」
 彼氏とは別れたが、

 アイドルと

 デート気分できたら

 ラッキーなももは

 一人で盛り上がった。
 順は3分黙ってしまい、

 ももはダメかと

 諦めそうになったら

 順は言った。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

続きを読む>>たんぽぽー8 あの人に迷惑をかけたくない(エンムブック2のブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です