そんじょそこらにはない美貌とモデル体系の妻が浮気していると相談された

元記事:そんじょそこらにはない美貌とモデル体系の妻が浮気していると相談された

2017/02/02
2019/02/06 再掲載

org

139: マドンナの豹変 2009/11/07(土) 18:44:16 ID:ue8tnrNo0

私の体験を投下します。
これはかなり昔のことで、ICレコーダーなんてものはなく、単行本より大きなカセットテープレコーダーを持って
踏み込んだ話です。

私・・・男。友人と同期。当時独身(後の妻と交際中)。
友人・・・男。同期の出世頭。既婚。当時まだ子供なし。
マドンナ・・・友人の妻。
部下A・・・男。友人の部下。その年入社したばかりの新人。
が主要人物です。

当時、皆工場の近くに住んでいることと、住宅地が小さいことで、我々は近くのマンションに住んでいました。
男だらけの職場で、単身者も多く、家族持ちは家族ぐるみの付き合いをしていました。

休日は職場の家族も連れてバーベキューをしたり。今の若い人たちはこういう会社の付き合いを嫌がりますが
当時としては会社のカラーもあり、当たり前の光景でした。

中でも目立った存在が同期の出世頭である友人の妻で、そんじょそこらにはない美貌とモデル体系(八頭身!)
上司にも礼儀正しく、部下・後輩にも腰が低く、男性にも女性にも誰にでも分け隔てなく優しいため、
我々単身者の中ではちょっとしたアイドルで、マドンナと呼ばれていました。
マドンナという呼び名自体が古い感じですね。

一方友人は一流国立大出身、愛想はないが性格もよく仕事も一番できて、誰もが認める同期の出世頭でした。
ただ、背が低くマドンナと同じくらいで、顔は悪くないのですがひょろひょろともやしで若ハゲでした。
下世話な話ですがあっちも小さくて、友人がマドンナを満足させられてないのではないかと本人のいないところで
茶化されていました。
とはいえ、マドンナと呼ばれるだけあり、彼女は愛想はいいのですが男性に媚びることなく毅然とした人で、
彼女が誰かと浮気するなど考えられない人柄だったのです。


続きを読む

続きを読む>>そんじょそこらにはない美貌とモデル体系の妻が浮気していると相談された(2ch浮気速報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です