おまえは変わった……と言われたら喜びましょう♪

元記事:おまえは変わった……と言われたら喜びましょう♪

クライアントさんとのお話の中で

引っかかってきたキーワードです

 

 

君は変わった

あなたって変わったよね

おまえは変わってしまった

 

 

こーれねー

2つの観点からお話しますね。

 

 

1つは、スピの観点。

 

 

 

自分ファーストしたり、自分としっかり向き合ったり

自愛や自分磨きにいそしんだりして

本当に自分の波動のレベルが上がってしまい

今まで一緒にいた人と合わなくなってしまったというもの。

 

これは自己啓発とかをしている人には

あるあるのパターンなのです

 

 

本当は自分も上の次元に行きたい。

でも怖い。

自分だけ取り残されるのは嫌だ、となれば

上に行こうとしている人の足を引っ張るしかないわけですね

 

 

それが言葉になったのが

「あなたは変わってしまった」

です。

 

 

変わることは悪いこと、変わることは怖いこと。

あなたは危ない、悪いことをしている。

だから戻るべきだ!というふうに

罪悪感を植え付けて足を引っ張るんですね~。

 

 

そしてもう1つは、人の心理。

人は当然ながら、自分を快適にしておきたいんです。

その快適さが失われようとしている時には

当然、あがきますよね。

 

 

今まで言うことを聞いてくれた人が聞いてくれなくなった

今まで優しかったのに、急に冷たくなった気がする

何でも買ってくれていたのに、急にケチになった

 

 

こういう状況が起こった時にまずどう思うか。

「あの人が変わっちゃった」ですよね。

瞬時に自分のことを振り返れる人って

なかなかないと思います。

 

 

そうするとあなたはどう言うか。

「何で変わっちゃったの?」

でしょう。

 

 

そしてその裏にあるのは

実は

あなたが変わってしまったから

私は不快になってしまう

というものです。

 

 

そう、自分が知ってか知らずか

都合よく使っていた人が変わってしまい

自分にとって都合が悪くなった時に

この言葉を言いたくなっちゃうんですね~。

 

 

被害者になっちゃうのね。

そして、変わったあなたが悪い、って

相手を加害者に仕立て上げちゃうんだよね。

 

 

 

 

これの最大の例が、うちの旦那さんの親ね。

この女(私のことね)が来るまでは、うまく振り回せたのに

自分たちの都合のいいように扱えたのに

ごまかしがきかくなった、となった時に

言い放った言葉が

 

 

「何でおまえはそんなに変わってしまったんだ!」

 

 

これはその裏まで正しく言えば

 

 

何でおまえは俺たちのいう事を素直に聞かなくなったんだ!

うまくごまかされてくれなくなったんだ!

今までみたいに丸め込まれてくれないと困るだろうが!

 

ですね♪

 

 

 

 

不思議と「おまえは変わった」と言われるのは

大半がいい人なんです。

だから本気で悩んだりする。

 

 

でも、悩む必要ないですからね。

 

 

変わった、と言われた時は

自分のためにはいい方向にいっていると思ってください。

あなたはいい人でなくなっただけ

波動の低い人でなくなっただけです

 

 

それって、むしろ幸せに近づいてるってことですから

続きを読む>>おまえは変わった……と言われたら喜びましょう♪(自分ファースト至上主義!~人生は思い通りになって当たり前~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です