『カスタマイズした夫婦修復方法』の特殊事例?

元記事:『カスタマイズした夫婦修復方法』の特殊事例?

これまで行ってきた

『カスタマイズした夫婦修復方法』を

ホームページに組み込み作業をして気づいた

こと。

 

『夫婦修復』するのに必要な事。

 

どんな理由があっても、諦めない事。

 

その選択には探偵への裏切りも選択肢の一つ

なのかもしれない。

 

数年前、近くであった案件の移動中を利用して

面談したある依頼。

 

これまでに何度か調査会社に委託し、これはと

思しき結果がでないとする相談者。

 

その調査結果内容を鑑定し、今後の調査を

継続するかどうかのアドバイスを求める内容

だった。

 

その結果は、事務所内での密会の様子が、

映し出されており、不適切な関係であることは

証明できるもの。

 

しかし、その密会シーンだけでは、不貞関係に

あるとは言い難い。

 

配偶者の立場を侵害するものである事としては

揺るぎない事実。

 

サレ妻が求めているのは、不貞夫が経営する

事務所からその女性が排除できれば、夫婦修復は

可能だと考えた。

 

不貞夫が経営する事務所は、本来、無資格で

運営できる業態ではない。

 

有資格者と共同経営が前提としてあり、不貞夫は

殊更、顧客拡大に奔走しているはずだった。

 

現状在籍している社員らは、前職からの

造反者ばかり。

 

『造反者』・裏切った主犯格が不貞夫、その誘導、

根回し役が不貞相手。

 

おいそれとは排除できるとは考えなかった探偵。

 

地元の調査会社への継続を勧めた。

 

ところが、このサレ妻から提案されたことは・・

その不貞相手の背後関係についての調査の方法、

不貞夫との接触については、これ以上、

調査をしないという事だった。

 

その理由は、自ら、その女性に対し、退職を促し

前職に対し、先導した首謀者は彼女だと、

公表させる為に、身辺調査を考えたいという事

だった。

 

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

不貞夫に好き勝手をさせない、ジグス流。

夫婦問題を研究し続ける、夫婦問題LaBo。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦修復の相談、

話を聞くだけのカウンセラーに何ができる?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

もつれた夫婦関係は千差万別。

個別相談はここを↓クリック

@バーナー  

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 こちらもポチっと 下矢印

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ 左矢印  左矢印

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

“お待たせしました”

LINE(旦那)  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ホームページは、ここ↓作成中

ロゴ2

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

 

続きを読む>>『カスタマイズした夫婦修復方法』の特殊事例?(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です