『その他婚姻を継続し難い重大な事由』って 1

元記事:『その他婚姻を継続し難い重大な事由』って 1

不倫夫のまるで救済措置?

 

夫婦修復の見込みがないとして離婚事由に

 

なるとしている

 

『その他婚姻を継続し難い重大な事由』

 

 

離婚事由として、1〜4に記載されている

 

以外として、不倫夫がよく主張する離婚事由

 

例えば、

 

*性格の不一致

 

これだけで離婚が認められることはないが、

 

別居などがあると認められる事もある。

 

しかし、元々、結婚とは他人同士な訳だから

 

多少のことは

 

成人として、我慢できる許容範囲なはず、

 

しかも婚姻は双方の合意の下に

 

行われるのだから、婚姻直後ならば

 

まだしも長年連れ添った夫婦に

 

性格の不一致を理由にするのは

 

こじつけ以外の何物でもない

 

 

*勤労意欲の欠如

 

突然、

 

サレ妻の掃除の仕方やお金の管理など

 

これまで、従事していたことをまるで

 

重箱の角を突くように言い始める

 

整理整頓できない・掃除をしないなどと

 

不倫夫がネチネチと言い始めた挙句に

 

離婚理由としてくる場合が多い

 

 

その不倫夫が、転職などで収入が

 

ない時期にパートで支えたり、

 

金策に走ったりしたサレ妻の苦労は

 

忘れ、取り上げてくることが多い理由

 

 

*親族との不和

 

夫婦間に何かと口出ししてくる親族を

 

重んじる不倫夫

 

そのくせ、今回の不倫もひた隠し、

 

発覚した際には、既に夫婦が破綻して

 

いたと主張する

 

 

戸籍上

 

夫婦である以上、確たる夫婦破綻を

 

相互に認めていない限り、夫婦破綻とは

 

言えないにも関わらず、一方的な不倫夫

 

主張を尊重する親族

 

 

親族との不和と言いながら、実は、

 

その親族に問題がある場合が多い

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||続く

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

不倫女『ギャフン』と言わせたい!

 

そんな方は ダウン ダウン ここへ

 

  

 

不倫夫『キャン』と言わせたい方も

 

アップ アップここへ

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

不貞夫の愚痴はここへダウン

  

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

夫婦問題LaBoは、

オリジナル(個別)の夫婦修復方法

提案します。

 

続きを読む>>『その他婚姻を継続し難い重大な事由』って 1(浮気(調査)の裏側・探偵の本音を教えちゃいます。[探偵ジグス])

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です