「コロナ不安は、身近な人に助けを求めて」と言うマスコミの無責任さ

元記事:「コロナ不安は、身近な人に助けを求めて」と言うマスコミの無責任さ

芸能人の自死、コロナ不安、感染者の自死…

政治不満や変異種不安、感染者数の増減と、朝ワイドショーを点けるとどの局もコロナ一色でウンザリ…な生活がもう1年近く続いてますね。

ちなみに私は、先日渋谷のスクランブル交差点で横断歩道を占拠して歩行者撮影したマスコミに、まだ怒りを抱いています…

f:id:urara0724:20210123011756j:image

望遠レンズでワザと人が密集してるように撮影したり、マスコミよ…と思うことがいっぱい。

バイデン大統領就任式のレディー・ガガの国歌独唱めちゃくちゃカッコ良かったのに、私が観た範囲ではテレビでは全然取り上げられてませんでした。

https://platform.twitter.com/widgets.js

まぁ文句ばかり言ってもストレス溜まるだけですが、更に納得いかないのは

「身近な人を頼る勇気を待ちましょう」

「久々に友人知人に連絡をしてみて下さい」 と、心理学ど素人の一般人に、メンタル病んでる人のフォローを促すマスコミですね。

実際に友人と雑談して気が紛れることはあるけど、逆に長年の友人2人と私は絶縁するハメになりましたもん。

 

お互い雇用状況、家庭環境が違い、悩みが完全には共有出来ない。

「無駄な人間関係はストレスになるから切る」

という人は年々増えていて、マスコミを信じて久々に友人に連絡しても

「こっちは人の悩み聞いてる場合じゃない」

「暗い話されて面倒」

「マルチ勧誘でもするつもり?」

なんてトラブルも起こってるだろうに…

 

ぶっちゃけ、私は心療内科の処方薬を飲み続けてます。

薬漬けになる程の量ではなく、不要なイライラはこれでもかなり減り、自宅で英語勉強やドラマ視聴を楽しみながら過ごせてますが、薬が無かったら辛かったかなぁ。

リモートで社員と顔を合わせないのは、むしろストレスフリーで助かってますが。

 

女性の自殺率が高まってるそうですが、そもそも20代後半から女性は心身壊しやすいんですよね。

厄年というのも納得って感じ。

ということで、以前は命の母ホワイトを買ってたけど、今度は更年期障害向けのレッドを買っちゃいました…

まだ更年期障害がいつ来るか、もう来てるのか分からないけど、イライラとかは精神薬でも何でも効けば別に平気らしいです。

頭痛の理由はそれぞれだけど、痛み止めで消えるなら一応OK的なことなのだとか。

【第2類医薬品】命の母A 840錠

【第2類医薬品】命の母A 840錠

  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

薬に頼れとは言えないけど、友達と連絡を取り続けることは、良い面も悪い面もある。

一人で悩むよりは、プロに任せるべきだと思います。

マスコミは「久々に連絡取った友達に嫌な態度取られて、余計に落ち込んだ」なんてパターンのフォローまで今はしてくれてませんから。

他にも電話相談、占いでもなんでも、お金払って話した方がまだ割り切れてマシだと私は思います。

ウッカリ相談に乗った友達が自死選んだりしたら、負の連鎖にもなるし…

まぁそうならないようには、やはり自分自身が出来る範囲で元気に過ごすのが1番ですけどね。

 

最近のTwitterは怒りのトレンド入りばかりで、ホント子供の自殺率にも影響しちゃうんじゃないかと不安です。

知人の娘さんが、大学の経済学部で

「日本はもうダメ」

と言われ過ぎて病み、引きこもりになって中退したりもしちゃってます。(コロナ前からだけど)

私の子供じゃなくても、知り合いじゃなくても、匿名で誰かを不安にさせたくないかなぁ。

緊急事態宣言が明けるか分からない今、そんなことを考えてます。

続きを読む>>「コロナ不安は、身近な人に助けを求めて」と言うマスコミの無責任さ(復縁したいのに無視されているアラフォー女性のための元気レシピ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です