★「わたし不倫しました!」と大きくメディアに報道されたとしたら

元記事:★「わたし不倫しました!」と大きくメディアに報道されたとしたら
★「わたし不倫しました!」と大きくメディアに報道されたとしたら

今日から福岡面談カウンセリングがはじまりました。
カウンセリングの中から何かひとつ記事にしようと思いましたが
カウンセリングが終わり
ホテルに帰ると、関電の記者会見が流れていました。
会見を見ながらこれは不倫関係も同じだなぁと思ったので
関電の記者会見と不倫を取り上げたいと思います。

関電のニュースですが
皆さんもうご存知かと思います。

内容は省略しますが
役員らがまるで「私たちは被害者です!」と言わんばかりの記者会見が
ニュースを見た人や利用者から
見苦しさからの怒り。
違和感からの批判が拡大しました。

私も含めて
多くの方があれはおかしいだろう!と感じたのではないでしょうか。

過去にあった事が
今になってニュースになっています。
実際に表舞台に出てなかったとしたらどうなっていたのでしょうか。

表舞台にあがったので「責任を取ります!」と言われたのか
表舞台になっていなくても「責任を取ります!」だったのかは私にはわかりませんが
表舞台にあがってなかったとしたら嫌な感情を感じます。

記者会見を見ながら
叩かれないと責任が取れないんじゃないかと思いました。

私の気持ちとしては「自分は悪いことした」という認識で
責任を取ると発言されていたらとは思いますが。

実際はどうなんでしょう。

関電のイメージが悪くなるから
関電の今後の事を考えて
責任を取らないと批判と報道が止らないから。
なんとかしろ!と誰かに命令されたとか
本人とは別の何かがあって責任を取っているのようなきもしてなりません。

だって、責任を感じている人が、お金等を預かったりするのかなぁ。

受け取った時点で
責任なんて考えてないようにも感じます。

責任感を持って仕事をしているのなら、最初から受け取りませんよね。

たとえ受け取ったとしても
受け取った時点で
なんとかするものではないかと思います。

不倫だって
不倫をした時点で責任なんて考えていない。
何も考えてない。
だって、責任感を感じている人は不倫はしません。

不倫をしたとしてと
責任感を強く感じた人はすぐに謝罪に入り責任を取ろうとします。

そんな人いるのか!?と思われるかもしれませんが
実際に私のところには
不倫をしまったが
責任を感じて再構築のためにカウンセリングを受ける人がおられます。

不倫をしたとしても責任を取る人はいいのですが
厄介なのは、不倫をしても責任を取らない人です。

なので

不倫をした時点で
今回の関電のようにメディアに取り上げてもらって
多くの人に広がる何かがあればいいですよね!

世間に不倫にしたとわかると
たとえ保身からでも「責任を取ります!」という人は増えるのではないかと思います。

好き放題言ってますが
現実的ではないことは分かっています。

気持ちとしてそんな気持ちです!と言う事です。

今回の関電のように
大きな組織が何かあると報道されますが
不倫は夫婦関係または不倫関係での関係者のみなので閉鎖的であるから
大きな痛手はないと言えばない。あると言えばあるんですが・・・。

だから、不倫した側は、責任を感じない、責任を取らない。

不倫をしたとしても
痛みを感じない人が多いので
被害者意識で責任から逃げ回る人が増えます。

不倫をした時点で「わたしは不倫しました!」とメディアや報道で知らしめてくれたら
痛手を感じたり
周りから「謝るべきでしょう!」「お前何しての!」と叱咤してくれる人も出てくるでしょう。

そうなればたとえ保身でも「責任を取ります!」という人は増えるのではないかと思っています。

何度も言いますが
現実的ではありませんが気持ちとして言っているだけです。

気持ちとしていうのなら
本当はメディアで報道されろ!なんて思っていないししたくないのです。

妻も何も大きくしたくはないのです。

本当はふたりだけの問題として解決したいんです。
不倫した側が責任として相手と別れて
妻に謝罪ともうしないと告げてくれればいいのです。

(それだけではないが簡単に言うと)

責任を取ってもらいたいだけなのです。

大きくしたくなるのは
不倫した側が責任を取らない逃げるから
本当はしたくない事まで妻はしてしまうのです。

それをさせているのも
不倫した側が責任と取れず逃げ回るからということにも気がついて欲しいのです。

そして何度もいいますが
大切な事なので言いますが
妻はしたくてしているわけではない
夫婦にとっては大きな問題ですが、外には小さな問題としてふたりで解決したい。

この気持ちが本当は届いてほしいんです。

【追伸】

関西に住む私としても関電のあのような、あんな記者会見は見たくないわけです。誠実に仕事をして欲しかった。またその誠実な仕事をしてくれるからこそ感謝の気持ちが持てるというもの、それが信頼になっていくんです。だけど、誠実に仕事をしていた中で、何らかのタグが外れて、私利私欲が強くなったとき、誠実とは真逆な人生の舵をとってしまい、積み上げてきたものを一気になくなってしまうのです。責任というものは本当は大切なものが詰まっているのに。だから責任を大切にして生きたい。

関電の信頼回復に期待を込めて・・・

いとうゆうじでした。

LINEは@wrw3134mで検索!
友だち追加
友達追加してくださっても、こちらにはお名前は通知されません。
メッセージもらえると嬉しいです。
この記事はメルマガからも読めます!

日本列島出張カウンセリング情報

check【福岡】10/9(水)11(金)12(土)面談カウンセリング
check【滋賀】10/13(日)14(祝・月)面談カウンセリング
check【大阪】10/15(火)面談カウンセリング
check【札幌】10/21(月)面談カウンセリング
check【名古屋】10/30(水)31(木)面談カウンセリング
check【東京】11/1(金)〜6(水)面談カウンセリング
check【東京】11/8(金)グループカウンセリング
check【岡山】11/13(水)面談カウンセリング

手紙出張カウンセリング申込みフォームへ

いとうゆうじカウンセリング予約方法

▶︎カウンセリングの料金・相談内容について
▶︎カウンセリング予約フォームへ手紙
(24時間受付 カウンセリング時間は10:00~22:00)
▶︎夫婦カウンセリングの詳細へ
(パートナーの同意のもと行う夫婦カウンセリング)

お電話からもご予約できます。(受付は10:00~22:00まで)
▶︎電話をかける
(スマートフォンなら直接かかります)
SH902is090-3720-6291(カウンセリング受付専用番号)
(カウンセリング中の場合、電話にでられない場合がありますので、その場合は留守番電話に伝言をいれていただければ折り返し致します。)

続きを読む>>★「わたし不倫しました!」と大きくメディアに報道されたとしたら(いつまで続くのかわからない不倫 突然の離婚問題 長く続く別居生活 喧嘩の絶えない日々  夫婦不倫専門カウンセリング 全国対応)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です